close
Share with your friends

プロセスマイニングによる内部監査業務革新

プロセスマイニングによる内部監査業務革新

プロセスマイニングツールを活用して、内部監査業務のデジタルトランスフォーメーションを支援します。

プロセスマイニングツールを活用して、業務プロセスを可視化し、内部監査業務の効率化を実現します。

業務プロセスの運用実態を正確に把握することは時間のかかる作業です。内部監査で個々の取引から実態を検証する場合、いくつかのサンプルについてウォークスルーを実施しますが、問題事象を必ずしも検出できるわけではありません。KPMGは、プロセスマイニングツールの活用により業務プロセスの全体像を可視化することで、問題事象の検出スピードと確度の向上を支援します。

 

プロセスマイニングとは

社内で利用されるさまざまなシステムから「イベントログ」を時系列やパターン別でつなぎ合わせ、業務プロセスとして可視化し、改善ポイントを具体的に特定するソリューションです。
※参考:プロセスマイニングとは

KPMGの内部監査支援サービスは、プロセスマイニングツールを活用することで、サンプルベースの評価を超えて、取引全件やデータ全量を対象とした評価に基づいたコントロール不備についての的確な指摘と改善提案を行います。

加えて、従来の内部監査では実現が困難であった「業務の効率化」について、内部統制上の課題がある取引を特定し、具体的な改善策を提案します。
こうした変化は経営層および監査対象組織の監査サービスに対する満足度の上昇を促し、内部監査部門の存在価値の向上につながります。


本サービスの詳細は、プロセスマイニングによる内部監査業務革新(PDF:883kb)をご覧ください。


関連するサービス

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)