Form F-4関連サービス

KPMGは、Form F-4登録に必要となる財務諸表や財務関連情報の準備に関する課題の解決を効率的・効果的に支援します。

KPMGは、Form F-4登録に必要となる財務諸表や財務関連情報の準備に関する課題の解決を効率的・効果的に支援します。

Form F-4は、一定のM&A取引や事業統合・再編取引において、米国証券取引委員会(SEC)に海外民間発行体(Foreign Private Issuer)が登録するときに使用する届出書です。日本国内で実施されるM&A取引においても、SECに取引当事者である会社の財務諸表(Form F-4)の登録が要求される場合があります。

Form F-4の登録においては、IFRS®基準またはUS GAAPに則った財務諸表を作成し、米国の公開会社会計監督委員会(Public Company Accounting Oversight Board)が公表する監査基準に従った監査を受けることが求められます。Form F-4の登録に向けた対応は作業負荷が大きく、専門知識・経験も必要とされます。

Form F-4登録を適切に実施するためには、Form F-4をSECに提出するために必要となる情報を的確に把握しつつ、限られた期間で計画的にプロジェクトを進めていくことが重要です。

KPMGの特徴

KPMGは、IFRS基準、US GAAPおよびSECの定める財務報告要請内容に精通した専門家を多数有しています。また、数々のForm F-4関連プロジェクトを支援してきた経験から、Form F-4登録に必要となる財務諸表や財務関連情報の作成プロセスを計画的に進めていくための知見や、IFRS基準やUS GAAPへの効率的な会計基準コンバージョン、SECへの事前相談や多数の関係者との調整を含むプロジェクトマネジメントの支援等にも強みがあります。

KPMGは、Form F-4登録に必要となる財務諸表や財務関連情報の準備に関する課題の解決を、KPMGのグローバルネットワークも活用して、効率的・効果的に支援します。

Form F-4関連サービス

会計基準間の差異に関する対応支援サービス

IFRS基準あるいはUS GAAPに従って連結財務諸表を準備するために必要となる対応全般を支援します。会計監査人に確認を取るための資料の作成や会計監査人からの指摘への対応も支援します。

連結財務諸表および財務関連情報作成支援サービス

Form F-4登録の際に必要となる連結財務諸表(注記項目含む)および財務・経営成績の分析(Management Discussion & Analysis:MD&A)といった財務関連の開示資料の作成を支援します。開示内容に関する会計監査人からの指摘事項およびSECからの質問に対する対応も支援します。

プロジェクトマネジメント支援

Form F-4登録に必要となる連結財務諸表や財務関連情報の準備や監査対応、SEC対応に関する一連のプロジェクトマネジメントを支援します。

お問合せ
KPMGアカウンティングアドバイザリーグループ
info-aas@jp.kpmg.com

お問合せ