close
Share with your friends

組織・人材マネジメントサービス

組織・人材マネジメントサービス

KPMGは、組織・人材の潜在能力を最大限に引き出しながら、デジタルやグローバル化など人事の変革課題を多角的に支援します。

KPMGは、組織・人材の潜在能力を最大限に引き出しながら、デジタルやグローバル化など人事の変革課題を多角的に支援します。

複雑化・高度化する経営課題

企業を取り巻くビジネス環境はこれまでにも増して複雑化し、企業は生き残りのための様々な経営課題に直面しています。
厳しい経済状況に加え、IT技術の発展や自由化の進展等に伴うビジネスのボーダレス化や需要・市場の拡大(グローバル化)、監督・規制強化や緩和、新技術によるビジネスの専門化や複雑化、顧客要求の高度化や多様化など、ビジネス環境は大きく変化し、競争も激化しています。
このような変化に対応するため、企業は競争優位性や効率性を追求し、新製品の開発や新市場の開拓、ビジネスモデルの再構築、業務改善プロセスの定着など、さらなる成長に向け、新たな課題へのチャレンジを迫られています。

変革が求められる組織・人材

企業が新たな課題に取り組み、成功するためには組織・人材面の変革が必要だと、KPMGは考えます。
これまでの常識や方法、成功体験等に固執するのではなく、ガバナンス体系や組織機能のあり方を見直し、人材の意識・行動の変革を促す施策を打ち出し、強い意志で推進することが重要です。
もう1つは、人事機能を根本的に変革することです。事業部門の人的側面の支援に加え、企業戦略に対する人的施策の有効性を高めることで、人材価値の最大化をもたらします。

KPMGの組織・人材マネジメントサービスは、組織・人材の潜在能力を最大限に引き出すとともに、高パフォーマンスを実現するための変革課題を多角的な視点から支援します。

人事変革課題

企業における人事機能のあり方は変革を迫られています。
ビジネス環境が変化し、企業間競争が激化している中、事業戦略の実効性を高めるガバナンス体系や組織構造の見直し、人事戦略の立案、優秀な人材の獲得・発掘および人材開発、適材適所の推進、従業員のモチベーション向上、組織風土の改革、人事制度の再構築、人事費の抑制など、組織・人材面の課題は従来よりも複雑化しています。
組織・人材面の課題解決は、他社との大きな差別化要因となります。しかし、そのためには人事部門の組織体制やアウトソーシング等を含む機能の抜本的見直し、業務改善などが不可欠です。
KPMGは、組織・人材の変革課題(People Agenda)を実現するための豊富な経験とグローバルで実績のある手法を有しています。最新のテクノロジーも活用した5つの主要なサービスを提供し、クライアントの変革への挑戦をサポートするとともに、目指すべきゴールへと導きます。

主な内容

  • 複雑化・高度化する経営課題
  • 変革が求められる組織・人材
  • 人事変革課題


本サービスの詳細は、組織・人材マネジメントサービス(PDF:171kb)をご覧ください。

お問合せ