close
Share with your friends

企業業績管理EPMソリューション

企業業績管理EPMソリューション

KPMGは、CFOや経理財務部門が、経営層や事業部門からのより高い要求に応え、重要なビジネスパートナーとなるために企業業績管理(EPM)によって支援します。

CFOや経理財務部門が、経営層や事業部門からの要求に応え、重要なビジネスパートナーとなるための支援を行います。

変化の激しい経営環境のなかで競争に勝ち抜くために、企業はより迅速・的確な経営意思決定が求められています。
CFOや経理財務部門、経営企画部門が、信頼性が高くタイムリーな経営データを活用することによって、企業がリスクやパフォーマンスを適切に管理し、効果的な意思決定を実現することをサポートします。


ソリューションの概要

CFOや経理財務部門が、経営層や事業部門からのより高い要求に応え、重要なビジネスパートナーになることを、企業業績管理(Enterprise Performance Management:EPM)によって支援します。EPMは、CEOの意思決定に係わる問題であり、各事業のトップが組織全体のパフォーマンスに重大な影響を与える計画と行動を戦略と整合させ、結果として企業の競争優位をもたらすことに寄与します。
KPMGは、EPMプロジェクトの豊富な経験と知見を有しています。グローバルで確立された方法論やターゲットオペレーティングモデル(TOM)を活用し、短期間での改革実現を支援します。


よく見られる課題例

  • 経営目標とレポートの整合が不足しており、経営意思決定に資する情報が提供できない
  • 取引データに適時にさかのぼり活動レベルの分析ができないため、業績改善につながる要因がわからない
  • 業績管理レポートと戦略・予実管理との整合がとれずPDCAサイクルが効果的にまわらない
  • 過去実績管理が中心で将来のアクションの議論が不足している
  • 手作業に依存した業務プロセスにより入力ミスが発生するため、検証作業が多い/全体的に非効率な業務となっている
  • 部門間・レポート間で不整合/差異が説明できない


本サービスの詳細については、以下をご覧ください。


関連するサービス

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)