close
Share with your friends

統合的リスクマネジメント(ERM)態勢構築支援

統合的リスクマネジメント(ERM)態勢構築支援

リスクテイク・リスクコントロールに係る経営レベルの判断と対応のための統合的リスクマネジメント(ERM)態勢の構築と運用を支援します。

リスクテイク・リスクコントロールに係る経営レベルの判断と対応のための統合的リスクマネジメント(ERM)態勢の構築と運用を支援します。

企業が戦略を遂行する上で、さまざまなリスクに直面することは避けられません。回避・低減すべきリスクと、積極的にとるべきリスクを見極め、適切な対応を判断するためには、経営レベルでのリスク評価・リスク対応判断のための組織的な仕組みが必要です。

KPMGは企業の統合的リスクマネジメント(ERM)態勢の構築と運用を支援します。

統合的リスクマネジメント(ERM)態勢の基本要素の整備

統合的リスクマネジメント(ERM)のためには、以下のような基本的なインフラ整備が必要です。

図表1

(1)リスクガバナンスの整備
経営レベルでのリスク評価を行うリスクマネジメント委員会およびリスクマネジメント統括部署、各事業からのリスク情報を吸い上げるための報告制度等の整備。

(2)リスクカタログの作成
「リスク」に関する社内の共通言語をつくるために、リスクを一覧化したリスクカタログの作成。

(3)リスク評価とトップリスクの特定
各事業からのリスク情報に基づきリスクの重要性を評価し、各事業が優先的に対処すべきトップリスクを特定。

(4)リスクマネジメントプログラムの策定・実施
トップリスクを中心に各事業が取り組むべき施策(リスクマネジメントプログラム)を立案・実施。

(5)リスクマネジメントの実効性向上策の実施
従業員のリスク感度向上、積極的なリスク発見・報告を奨励するカルチャー醸成に資する諸施策の実施。

さらなるERM高度化に向けた施策

さらなるERM高度化に向けた施策

事業別リスクポートフォリオの把握
事業別に各リスクがどのように影響するかをポートフォリオとして可視化し把握。

将来リスクの予測
中長期の成長戦略を確実にするために、中長期の将来におけるリスクを予測。

リスクの予兆の把握
リスク発生の予兆となる指標等をレポートすることにより、経営層によるリスク対応の意思決定や目標設定をサポート。

KPMGの特長

ERMに関する豊富な支援実績
KPMGは、企業の統合的リスクマネジメント(ERM)態勢整備に関する支援実績が豊富です。統合的リスクマネジメントの基本要素に関する事例や雛形を提供することにより、より効率的に態勢を整備するための支援が可能です。

コーポレートガバナンスと連動した経営レベルでの取組推進の支援体制
KPMGは、コーポレートガバナンスと連動した助言を行っています。統合的リスクマネジメントは経営レベルの取組みであり、経営意思決定の仕組みであるコーポレートガバナンスに組み込むことが非常に重要です。

デジタル技術の積極活用
KPMGは、リスク情報の収集・分析等に積極的にデジタル技術を活用した支援を提案しています(リスク情報の収集・分析、ビジュアライゼーション等)。

クライアントのインダストリーに寄り添う支援体制
KPMGには各インダストリーセクターの専門家が揃っており、クライアントが属するインダストリーセクターの状況に寄り添ったリスク分析等のアドバイスが可能です。

関連サービス

  • リスクマネジメント態勢の現状評価と対応計画策定の支援
  • リスク洗出し・アセスメント支援
  • グループガバナンス再構築支援
  • プロセスマイニングを活用したリスク対応強化
  • GRCツール導入検討・導入支援
  • デジタル活用によるリスクマネジメントの高度化支援

お問合せ