close
Share with your friends

働き方改革に向けた変革マネジメント

働き方改革に向けた変革マネジメント

KPMGは、デジタルを最大限に活用し、多様な社員が真にやりがいを感じられる、組織環境・ワークスタイルの確立を支援します。

KPMGは、デジタルを最大限に活用し、多様な社員が真にやりがいを感じられる、組織環境・ワークスタイルの確立を支援します。

働き方改革で陥りがちな問題点

政府主導により働き方改革が推進され、多くの企業では、何らかの形で働き方改革を実施していると思われます。しかし、想定通りの成果が出ていない企業は少なくありません。

「残業削減の指示が出たものの、実際には顧客対応のために仕事を持ち帰っている」というように表層的で実質を伴わないケースや、「部署内の小さな改革はできても、部署間にまたがる課題になると途端に行き詰まる」等、一時的・局所的な成功に留まってしまうケースが多く見受けられます。
また、「誰も読まない文書の作成」や「報告事項が大半の会議」など、削減可能な無駄は多々ありながら、変更のリスクを恐れ管理職が決断を避けてしまう、あるいは仕事の目的を顧みる意識が不足し無駄そのものが認識されないといった、意識・慣習面での障壁に阻まれるケースも多々あります。

KPMGの働き方改革支援のアプローチ

KPMGは、多角的な観点から、社員の意識・行動を含む組織の根本的な課題へアプローチし、テクノロジーを最大限活用し、多様な社員が真にやりがいを感じ、パフォーマンスとクリエイティビティを最大限発揮できる組織環境・ワークスタイルを目指し支援します。

主な内容

  • 働き方改革の必要性
  • 働き方改革で陥りがちな問題点
  • KPMGの働き方改革支援のアプローチ
  • 働き方改革のフレームワークとロードマップ策定
  • KPMGが考えるこれからの働き方
  • 業務目的の明確化とワークスタイルの柔軟化
  • 統合的な変革マネジメント


本サービスの詳細は、働き方改革に向けた変革マネジメント(PDF:820kb)をご覧ください。

また、従業員を惹きつける魅力的な人事処遇制度を提供するためには、年金・退職給付制度の見直しも重要な課題となります。詳細は、働き方改革への対応に関するアドバイザリー(PDF:180kb)をご覧ください。

お問合せ