close
Share with your friends

環境デューデリジェンス支援

環境デューデリジェンス支援

幅広い実績に基づき、第三者の立場からリスク評価を行います。また、問題が発見された場合は、迅速、的確にアドバイスを行います。

幅広い実績に基づき、第三者の立場からリスク評価を行います。また、問題が発見された場合は、迅速、的確にアドバイスを行います。

環境デューデリジェンスは、M&A、不動産取引、証券化などにおいて、不動産の環境リスクを把握し、適正に評価するために行われます。環境デューデリジェンスにより発見された事項のうち重要なものは、契約上の条件や取引価額の調整要因となります。

KPMGあずさサステナビリティによる環境デューデリジェンス支援

KPMGあずさサステナビリティでは、生産事業所から商業施設まで幅広い事業所についての実績に基づき、多角的なパラメータにより、第三者の立場からリスク評価を行います。また、環境デューデリジェンスにおいて問題が発見され、次ステップのPhaseⅡ調査*に進まなければならない場合においても、迅速、的確に問題をクローズするためのアドバイスを行っています。

 

環境デューデリジェンスの調査項目(例)
  •  土壌・地下水汚染
  • アスベスト
  • PCB(ポリ塩化ビフェニル)
  • 大気汚染物質
  • 水質汚濁物質
  • 騒音・振動
  • 産業廃棄物
  • 危険物・特殊薬液貯蔵施設


環境リスクは、法令・条例の改正や社会的な要請の変化とともに範囲を拡大しています。また、企業のグローバル化によってステークホルダーが多様化しており、その要請も複雑化してきています。KPMGあずさサステナビリティはグローバルな知見による環境デューデリジェンスを提供し、スムーズなディールクローズを支援します。

環境デューデリジェンス支援のステップ

対象範囲および手続についての合意

  • 環境デューデリジェンスの調査対象とする事業所、調査項目、調査手続について合意

事前調査

  • 現地調査の前にいただきたい資料や現地調査の際に閲覧を希望する資料を記載したInformation Request List (IRL)の送付
  • 土壌汚染対策法による指定区域の確認
  • 登記簿謄本や過去の住宅地図・航空写真に基づく土地利用履歴の確認
  • 事前調査に基づく現地調査計画の策定

現地調査

  • 対象事業所の建物や土地、周辺の状況などの目視調査
  • 対象事業所のマネジメントに対するインタビューや資料の閲覧

事後調査・報告書作成

  • 必要に応じて、現地調査後に追加調査を実施
  • 調査報告書の作成・提出

KPMGあずさサステナビリティによる支援の特長

KPMGあずさサステナビリティは、環境情報に対する第三者保証業務や環境・安全コンプライアンス調査など、豊富な業務経験を通じて蓄積した経験やスキルを活かして、生産事業所から商業施設まで幅広い事業所を対象とした環境デューデリジェンスを支援します。

KPMGジャパンのメンバーファームと協働し、財務デューデリジェンス・税務デューデリジェンスと合わせたワンストップサービスの提供が可能であると同時に、KPMGのグローバルネットワークを利用して、海外事業所に対する環境デューデリジェンスも支援します。

お問合せ