close
Share with your friends
太陽と雲のモビール

サステナビリティサービス

サステナビリティサービス

世界の人口増に伴う資源消費や環境へのインパクトの増大を背景として、気候変動、水、生物多様性、食糧、人権といった課題はますます深刻化すると予測されています。これを背景として、企業には、単に法律を遵守するにとどまらず、世界のサステナビリティ課題の解決に対して積極的な役割を果たすことが期待されています。こうした期待に背くことは、投資家、消費者/顧客、従業員、地域社会といったステークホルダーから次第に背を向けられることにつながりかねません。また、サステナビリティ課題の解決に自らがどのように貢献できるかを検討する中で、あらたなビジネス機会が特定されることもあります。

企業には、自らが取り組むべき重要なサステナビリティ課題を特定し、対応方針を策定し、目標を設定し、モニタリングを行い、実績についてステークホルダーに対して適切で信頼に足る報告を行うことが、これまで以上に求められています。

KPMG あずさサステナビリティは、長年の実務経験を通じて蓄積した知見や専門性に基づき、企業がサステナビリティ課題に対応するための各フェーズにおいて、クライアントを効果的・効率的にサポートします。

KPMGが選ばれる理由

1.豊富な実務経験に裏付けられたサステナビリティ課題への理解

KPMGあずさサステナビリティは、過去20年間、多様な業種の企業に対する保証業務やアドバイザリー業務の提供を通じ、さまざまなサステナビリティ課題やインダストリーについて実務経験に基づく深い理解を蓄積してきました。当社が豊富な経験を有していることは、50社以上のサステナビリティレポートに対して保証業務を行っていることにも表れています。KPMGあずさサステナビリティは、豊富な実務経験とインダストリーの知識に基づき、クライアントを効果的・効率的にサポートします。

豊富な実務経験に裏付けられたサステナビリティ課題への理解

2.多様な専門性

「サステナビリティ」の分野は、環境、安全、人権など幅広く、少数のプロフェッショナルがそのような幅広い領域をカバーすることは困難です。KPMGあずさサステナビリティは、東京事務所と大阪事務所で総勢60名以上の幅広い専門性や経験を持つプロフェッショナルを擁しており、クライアントの幅広いサステナビリティ課題への対応を支援することが可能です。

多様な専門性

3. KPMGのグローバルネットワーク

KPMGあずさサステナビリティは、KPMGのSustainability Servicesのコアプラクティスとして、60ヵ国をカバーするグローバルネットワークを通じ、業務における連携や方法論の開発・共有を日常的に行っているだけでなく、Global Center of Excellenceを通じ、サステナビリティの分野における最先端の動向に関する情報を共有しています。KPMGあずさサステナビリティは、このネットワークを通じ、グローバルな体制でクライアントをサポートすることができます。

KPMGのグローバルネットワーク

KPMGのサステナビリティサービス

KPMGのサステナビリティサービス

お問合せ

関連するコンテンツ