斎藤和彦

斎藤 和彦

代表取締役

KPMGあずさサステナビリティ

株式会社富士通総研を経て2002年4月、朝日監査法人(現あずさ監査法人)に入所。2004年4月、あずさサスティナビリティ株式会社(現KPMGあずさサステナビリティ株式会社)設立に伴い、出向。化学、エネルギー、鉱山・非鉄金属、製薬、運輸など、幅広い業種のサステナビリティレポートの第三者保証業務のほか、環境デューデリジェンス、環境・安全コンプライアンス監査、気候シナリオ分析支援、その他関連するアドバイザリー業務に携わっている。 主な著書(共著)に、「紛争鉱物規制で変わるサプライチェーンリスクマネジメント」(KPMG/あずさ監査法人)、「CO2を見える化するカーボンラベル」(上妻義直 編著)、「ピークウォーター:日本企業のサプライチェーンに潜むリスク」(KPMG and Trucost)などがある。

専門分野
気候変動 サステナビリティ
学歴
  • ヨーク大学(英国)環境経済学修士課程修了

  • 早稲田大学法学部卒

資格
  • サステナビリティ情報審査人

  • 環境サイトアセッサー

  • RBA Auditor (LE & HSE)

コミュニティ
  • CDSB Technical Working Groupメンバー

  • 日本公認会計士協会 統合報告保証専門委員会メンバー

執筆物
さらに読み込む
コネクション
さらに読み込む