close
Share with your friends

KPI・目標設定支援

KPI・目標設定支援

企業異なるマテリアルなESG課題・業種・操業国等をもとに、多面的な視点から、実情に合ったKPI・目標設定を支援します。

企業異なるマテリアルなESG課題・業種・操業国等をもとに、多面的な視点から、実情に合ったKPI・目標設定を支援します。

特定したマテリアルなESG課題に対する取組みが有効に進捗しているかを把握するためには、管理指標(KPI)を設定することが必要です。また、マテリアルなESG課題に対する取組みを強力に推進するために、そのKPIで管理できる、社内外のステークホルダーにとって納得感のある水準の目標を設定し、その目標達成に向けた活動が行われることが重要です。

KPI・目標設定は社内の経営管理上必要ですが、同様に社外からもその設定が期待されています。ESG評価機関は企業のESG経営に係るPDCAサイクルが機能しているかを確認するための評価視点として、KPI・目標設定がなされているかを評価項目として含めていることが多くあります。

また、特に温室効果ガス排出量については、Science Based Targets (SBT)(科学的根拠に基づく目標)の設定が期待されており、高い水準の排出削減目標はますます強く求められる傾向にあります。

サステナビリティ報告の進展により、自社のマテリアルなESG課題を特定しこれを報告する企業は増加傾向にあります。しかし、マテリアルなESG課題への取組みが進捗しているかを、KPIや設定した目標に対する進捗状況の開示により有効に伝達している企業は今後の増加が期待されます。

KPMGあずさサステナビリティによる支援

KPMGあずさサステナビリティは、国内外のサステナビリティ情報の開示のためのさまざまな基準や枠組みに対する深い理解と、企業のサステナビリティ情報に対する第三者保証業務、並びにESG評価対応支援等の豊富な経験を通じて蓄積した、企業の実務上の課題やベストプラクティスの知見に基づき、KPI・目標設定を支援します。

KPI・目標設定支援のステップ

ベンチマーク分析

  • マテリアルなESG課題に対するKPI・目標設定のあり方について同業他社の開示情報をもとにベンチマーク分析を行います。●特に温室効果ガス排出量について、SBTを設定する場合には、すでに承認されているSBTについてベンチマーク分析を行います。

KPI・目標値の検討

  • ベンチマーク結果をもとに、KPI・目標値設定のあり方についての助言を行います。
  • 特に温室効果ガス排出量について、SBTを設定する場合には、策定する削減目標がSBTとしての要求水準を満たすものであるかの助言を行います。

KPI・目標値の社内展開支援

  • KPI・目標値について、マテリアルな課題の重要施策実施部門との協議を支援します。
  • KPI・目標値について、社内承認を得るまでの支援を行います。
  • SBT認定取得を企図する場合には、申請に係る支援を行います。

KPMGあずさサステナビリティによる支援の特長

企業が特定するマテリアルな ESG課題は一様ではなく、それに応じて設定されるべき KPI・目標設定も企業によってさまざまです。特に企業の業種や操業国によっても設定されるべき KPI・目標値は異なります。

KPMGあずさサステナビリティの支援の特長は、企業によって異なるマテリアルな ESG課題・業種・操業国等をもとに、多面的な視点から、企業の実情に合った KPI・目標設定を支援する点にあります。

このような支援を可能としているのは、 KPMGのネットワークを活用した国内外のサステナビリティ情報開示の基準や枠組みの深い理解に加え、サステナビリティ情報に対する第三者保証や ESG評価への対応に係る豊富な経験です。 KPMGあずさサステナビリティは、多くの企業の KPI・目標設定に関する豊富な知見と、それに基づく個々の企業への支援の提供実績に基づいて、企業の特性に応じた KPI・目標設定を支援します。

お問合せ