デジタルトランスフォーメーションやリモートワークの導入などにより、企業や組織のIT環境が激変しています。一方で、サイバー攻撃はますます巧妙化・複雑化しており、企業や組織におけるサイバーセキュリティ対策も変革が求められています。
KPMGのサイバーディフェンスサービスは、サイバーセキュリティコンサルティングサービスにおける深い知見と、KPMGのグローバルネットワークとの連携による高度な技術力を駆使し、企業や組織が直面している課題の解決を支援します。

企業や組織を取り巻く背景

AIや量子コンピュータ、5G通信などの新しい技術が目まぐるしい勢いで進歩しており、私たちのライフスタイルの多くがサイバー空間で行われるようになりつつあります。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による非接触の行動様式が、拍車をかけている状況です。そのような中で、サイバー攻撃は巧妙化・複雑化する様相を見せており、不正出金や脅迫行為等による金銭的な被害に直接つながりうる重大な経営リスクとして認識されるようになりました。

リモートワークやクラウドサービスの利用が前提となった現在、境界防御に偏った従前のセキュリティアーキテクチャでは緻密なアクセスコントロールは困難となりつつあります。また、より細やかなアクセスコントロールを実現するにあたって爆発的に増加するセキュリティ運用や管理の負荷も、企業や組織にとって大きな課題になっており、サイバーセキュリティ対策の根本的な在り方が見直されようとしています。

KPMGのサイバーディフェンスサービス

KPMGは「サイバーディフェンス」と「サイバーレスポンス」の両面から、テクノロジーを活用した対策の導入やアセスメント、アーキテクチャデザインなどのサポートを通じて、企業や組織が直面している課題の解決を支援します。
「サイバーディフェンス」においては、新しいセキュリティ対策の在り方として、「ゼロトラスト」の考え方に基づいたアーキテクチャのデザイン、マルチクラウド環境における最適なソリューション配置やID・特権の統合管理の設計、行動監視や自動化を実現するセキュリティ監視の高度化、モバイルアプリやAPIに対するペネトレーションテストなどを支援します。

サイバーディフェンス_図表

提供サービス(サイバーディフェンス)

お問合せ