エクストリームオートメーション

急速に進化しているテクノロジーを活用し、End to Endで経理財務業務オペレーションの自動化・効率化を目指します。

急速に進化しているテクノロジーを活用し、End to Endで経理財務業務オペレーションの自動化・効率化を目指します。

オペレーション・マネジメント工数を極小化し、洞察・認知・分析業務への人的リソースシフトを実現させるためには、急速に進化している破壊的テクノロジーを活用し、経理財務業務オペレーションの自動化を目指す必要があります。

そのためには、先進テクノロジーを把握し、End to Endプロセスを自動化・効率化するテクノロジーを導入すること、また、伝統的なウォーターフォール型ではなくクイックにパイロット導入し、段階的にスコープ拡張していくことが成功のカギと考えています。

サービス

決算デジタルプラットフォームによる決算業務の高度化支援

決算デジタルプラットフォームとは、決算処理の自動化やプロセス管理を通じて、経理プロセスのシステム統合管理を実現するクラウド型デジタルソリューションです。

アナログで行っている業務に対するタスク・進捗管理、仕訳連携機能などのプロセス管理機能や、勘定照合、差異分析機能、補助簿管理機能などの決算実務を直接サポートする機能により、業務の効率化・可視化・標準化・統制強化を図ります。

デジタル化による電子帳簿保存法対応支援

毎年のように電子帳簿保存法が改正され、企業に求められる対応は多岐にわたります。

クライアントの対応ニーズ(最低限の対応を目指すのか、完全ペーパレス化を目指すのか等)に応じて、規定類、業務マニュアル整備の支援はもちろんのこと、文書管理・経費精算・請求書授受等のデジタル化の実現に向け、各企業に適したツールの紹介や導入にあたっての各種支援を行います。

インボイス制度・電子インボイス対応支援

各企業が適格請求書発行事業者として認定されるための各種支援や、区分記載請求書等保存方式における追加記載事項の整理など、電子化に伴う各種支援を実施します。

経理財務部門向けDX支援

経理財務部門が担う業務は、日々の仕訳入力や決算作業など非常に多岐にわたり、付加価値のある情報をあらゆる利害関係者に適時に提供する重要な役割を担っています。加えて、昨今のデジタル活用の波は経理財務部門にも訪れており、マネジメントからの「DXへの取組み指示」も頭を悩ませる課題の一つになっているのではないでしょうか。

経理財務部門のDXとして、業務の中で特に時間を要している決算関連タスクの効率化が目標の1つとして挙げられますが、思うように取組みが進まないというのが実情です。

KPMGは、会計・監査の知見に基づき、主として決算業務支援に平行し、企業のニーズに適した業務効率化の対象範囲や対応方法の検討、運用体制の構築に至るまで、経理財務部門のDX化に向けた取組みをサポートします。

お問合せ

お問合せ
KPMGアカウンティングアドバイザリーグループ
info-aas@jp.kpmg.com

関連サービス