close
Share with your friends

リモートワークの適応に向けた組織人事アドバイザリー

リモートワークの適応に向けた組織人事アドバイザリー

COVID-19への対応から普及するリモートワークについて、労務対応やルール等、リモートワーク環境に適応した人事の組織変革を支援します。

COVID-19への対応から普及するリモートワークについて、労務対応やルール等、リモートワーク環境に適応した人事の組織変革を支援します。

世界で新型コロナウイルス感染症が拡がり、すべての業務をリモートワークに切り替える企業が急増しています。従業員全員がオフィスに集まる環境から、それぞれが自宅で働く環境に変わり、従来認識されていなかった課題も見えてきました。そしてリモートワークは、感染症の沈静化後も、1つのデフォルト(標準)となることが予想されるため、企業はこの機会を利用して「リモート組織と業務の在り方」について検討する必要があります。

KPMGは、企業が実現すべき組織人事変革を支援します。

リモートワークに関して対応すべき人事テーマ

リモート組織では、従業員の勤怠管理をはじめとする労務的な側面や、人事考課等のパフォーマンスの測定、さらにチームの士気を高めながら組織のパフォーマンスを維持するリーダーシップとコミュニケーションスキルの向上といった対応が求められます。

対応すべき人事テーマ 留意点
業務環境・労務対応 ルール
パフォーマンス管理 コミュニケーション
チームビルディング エンゲージメント(働きがい)

リモートワークと働き方に関する組織人事改革コンセプト例

企業の視点のみならず従業員の視点を取り入れた戦略・施策のデザインが必要です。

企業の目線

  • 生産性の維持・向上
  • 人材の有効活用
  • イノベーションの促進

従業員の目線

  • ワークライフバランス
  • 心身の健康
  • エンゲージメント向上
  • 働きがいのある職場

リモートワーク推進における対応ステップ

リモートワークに向けた取組みは、重ねることで相互に影響を及ぼすため、以下の3つのステップを踏むことが重要です。

ステップ1 リモートワーク環境に適応した労務対応

  • 労働時間管理等の勤務に関する対応(みなし労働時間制、ITツールの導入、就業規則等諸規程の見直し・整備)
  • 従業員のITリテラシー向上

ステップ2 リモートワークに伴うルール・仕組みの見直し

  • パフォーマンスマネジメント(従業員の成果管理と成長促進、期待値・結果・フィードバックの見直し)
  • 評価制度を中心とした成果主義の見直し など

ステップ3 リモート環境下でパフォーマンスを上げるチーム変革

  • チームビルディング、社内交流の活性化
  • リーダーシップ変革、組織内コミュニケーション変革
  • 組織風土の変革(協働と助け合いの風土の醸成)

 

本サービスの詳細については、「リモートワークの適応に向けた組織人事アドバイザリー」(PDF:190kb)をご覧ください。