close
Share with your friends
日の出と登山者

クライシスマネジメント・BCM/BCP支援

クライシスマネジメント・BCM/BCP支援

KPMGは、グローバル全体を視野に入れたクライシスマネジメント態勢の構築や、事業継続マネジメント(BCM)、事業継続計画(BCP)の策定に加え、危機が発生した場合の対応までをワンストップで支援します。

「レジリエンス」強化の必要性

「レジリエンス」とは「危機や環境変化に打ち克ち、それを糧に成長できる組織の力」であり、リスク管理・危機管理等を実施していくうえでの中核となる概念です。防災計画・事業継続計画や危機管理マニュアル(以下、BCP等)は、あくまでも事前に想定した範囲での計画であり、その想定を超えた場合には、最後は個人の能力に依存することになるため、平時からその力を強化していく必要があります。

「レジリエンス」強化の必要性

レジリエンス強化のスパイラルアップモデル

危機や環境変化に打ち克ち、組織の成長を実現するためには、組織や仕組みを動かす一人ひとりのマインドセットが基盤としてしっかり構築されていることが重要です。
基盤が脆弱であれば、整備した指揮・統制システムや、BCP等の危機への対策は機能せず、日本企業でよく見られる形骸化した状況を作り出してしまいます。

レジリエンス強化のスパイラルアップモデル

KPMGによる支援

グローバルBCP・BCM構築支援
世界全域に対するグローバルBCM規程の策定や、ビジネスインパクト分析・リスクアセスメント、リスク対応策の検討から実行、海外子会社に対する訓練支援などを実施します。
直近ではCOVID19を踏まえたパンデミック対応支援も実施しています。

 

グローバルクライシスマネジメント体制構築支援
昨今は、COVID-19の脅威をはじめ、世界で増加するテロや自然災害、内部不正による不祥事等、企業にいつ危機的な事象が発生するかわからない状況で、一度、危機が生じれば、二次災害やレピュテーション毀損に発展する可能性もあります。KPMGは、世界的なクライシスマネジメント態勢の構築から実行までをワンストップで支援します。

 

危機対応支援
グローバルで蓄積したコンプライアンスや不正調査、事業再生等の知見・経験を組み合わせ、クライシス発生時の対応はもちろん、クライシス発生前の備え・発生後の再発防止・再生までの一連のプロセスをワンストップで支援します。

クライシス対応支援

お問合せ