close
Share with your friends

役員制度改革

役員制度改革

コーポレートガバナンスやステークホルダーへの説明責任を踏まえた、役員体制の構築、CEO等の育成、諮問機関設置を支援します。

コーポレートガバナンスやステークホルダーへの説明責任を踏まえた、役員体制の構築、CEO等の育成、諮問機関設置を支援します。

企業が会社法、コーポレートガバナンスコードに沿ったうえでステークホルダーへ持続的な利益を提供するためには、経営課題を解消することのできる役員人事の選定・構成が必要です。
KPMGは、役員体制の構築、役員の育成、諮問機関設置を支援します。

サービス内容

役員報酬制度改革

コーポレートガバナンスコードの改定以降、株式報酬を主とした中長期インセンティブや業績連動報酬の導入が企業に求められています。また、役員報酬を明示することは、経営者がステークホルダーの意向に沿った経営を実現していることをアピールするための手段の1つとなります。
コーポレートガバナンスコード、株主への説明責任、税制対応を踏まえ、最適な役員報酬の設計を支援します。

CEOおよび役員の育成

経営者の後継者不足が叫ばれる中、未来の経営者を計画的に育成することが重要になっています。
OJT・OFFJT・異動(出向)を織り交ぜた、役員のサクセッションプランの設計・実行を支援します。

指名・報酬委員会

コーポレートガバナンスコードの改定において、経営者の指名・報酬の独立性・客観性を担保するめ、任意の指名・報酬委員会を設置することが求められ、任意の委員会を設置する企業が増加しています。
独立性・客観性の担保と会社の裁量のバランスを踏まえた最適な委員会の構成、運用ルールの設計を支援します。

お問合せ