未来に対応するIT組織を創る時は「今」

未来に対応するIT組織を創る時は「今」

「Future of IT」 - 2019年3月にKPMGインターナショナルが公表した、デジタルソリューションとIT組織の未来を考察する、シリーズ形式のレポートの日本語版を紹介します。本レポートでは、デジタルリーダーがビジネスの価値を実現するために必要な6要素を解説し、IT組織に求められる変革について考察します。

関連するコンテンツ

世界は今、デジタルとは何かを議論する段階から、実際にデジタルを活用して価値を実現する段階に来ています。ITリーダーを対象にしたKPMGの最近の調査によると、デジタルテクノロジーを有効に活用している企業の61%が、競合他社よりも高い売上成長率を実現しています。デジタルイノベーションがさほど進んでいないとされる製造業界においては、この数字は約70%にも上ります。

組織全体で顧客中心の戦略を実行する能力の高い企業は、そうでない企業よりも、顧客の期待を上回る体験を提供できる可能性が8倍も高くなっています。
また、顧客中心の企業は、そうではない企業に比べて、利益率の面でもより優れた結果を達成する可能性が38%高くなっています。
各社のCEOはこれに気づいて行動を起こしており、半数以上(54%)が、競争相手に淘汰されるのを待つのではなく、自分たちの業界を積極的に破壊しようとしていると回答しています。それを創造的破壊と呼ぶかデジタルトランスフォーメーションと呼ぶかはともかく、IT組織の未来が、このコネクテッドエンタープライズという概念と否応なく結びついていくことは明らかです。

本レポートでは、デジタルリーダーがビジネスの価値を実現するために必要な要素として下記の6つを挙げ、それぞれについて解説します。なお、各要素の詳細については、Future of ITシリーズのレポートをご参照ください。

ビジネスの価値を実現する6つの要素

  • マーケットスピード(市場の変化速度)に適したオペレーティングモデルへの変革
  • ダイナミック・インベストメント(動的な投資)
  • 柔軟なITワークフォース
  • モダンデリバリー
  • 顧客の信頼
  • 資産としてのデータ


本レポートの詳細は、未来に対応するIT組織を創る時は「今」(PDF:839kb)をご覧ください。

英語コンテンツ(原文)

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today