コンテスト結果

「世界に選ばれる関西の未来のために」というテーマの下、次世代の視点から広くビジネスに関連した斬新かつ関西地域を軸にした論文を募集しました。過去最多の65件の応募論文に対して厳正なる審査を行いました結果、理事長賞1組、優秀賞3組、および佳作1組の方が入賞しました。

*今回、大賞受賞作品はありませんでした。

第4回は終了しました。第5回の応募要項は、 第5回KPMG次世代論文コンテスト - 関西の未来をご確認ください。

理事長賞

論文タイトル
関西インバウンドが教育と経済を発展させる 論文データ
受賞者
川端 航平、田川 敦貴 立命館大学 経営学部・国際経営学科

論文コンテスト

受賞コメント

論文を書くことは、とても大変な事だと思います。ですが、色々なデータを調べ自分なりに考察し一つの形にまとめるという執筆の過程はすごく価値あることだと思います。私の尊敬する人の言葉に「一つの応募が人生を変える」というものがあります。あなたにとって、このコンテストが人生を変える契機なのかもしれません。

論文概要

関西は、観光資源が豊富なこともあり観光地として人気が高いが、一人当たりの消費額は関東に比べて低くなっている。筆者はこの要因が、関東の観光地が東京に集中しているのに対して、関西は各県に分散しており、その施設等の大半が個人営業主や中小企業であることから、多言語対応が遅れているためではないかと考えた。

そこで、英語など第二言語を習得したいと考えている関西圏の日本人大学生に、訪日外国人の観光案内する機会を提供するマッチングサービスGUIBO(Guide booking service)を提案している。これは、日本人学生の語学力向上、外国人観光客のユーザーエクスペリエンスの向上の一助となるだけでなく、ガイドとして活躍した学生に対して企業側から採用オファーを提示できる、ダイレクトリクルーティングサービスとしての機能も含んでいる。観光地の豊富さや、国内トップクラスの大学が集積するという地域の特性を活かした提案となっている。

優秀賞・佳作

  論文テーマ 氏名、大学、学部
優秀賞 スイミー型経営~持株会社設立による中小企業改革案~ 中村 元星、平 征馬(大阪大学 経済学部・経済経営学科)
優秀賞 多拠点移住型のライフスタイルで描く「アキナイ」関西の未来

戸田 栄二(ポートランド州立大学大学院 都市地域計画修士課程入学予定)、川崎 遥(コンサルティング会社勤務)、辻川 太一(シカゴ大学大学院 計量社会科学修士課程)

優秀賞 デジタルの双子と切り開く関西の未来 名和 宏晃(東京大学 公共政策大学院 公共管理コース)
佳作 「環境に配慮した観光圏・関西」の実現に向けて ~海の京都エリアを例とした交通サービスの提案~ 梅田 綾乃(関西学院大学商学部)、河田 彩花(神戸大学経済学部)

入賞論文発表会

入賞者には、2020年12月21日(月)に開催された入賞論文発表会(場所:ザ・リッツカールトン大阪 ボールルーム西)において、賞状と賞金が授与されました。入賞論文発表会は会場への来場人数は入賞者等最小限に限定し、かつ当日会場では来場者への検温や手指等消毒など感染対策を行ったうえで実施しました。

論文コンテスト
論文コンテスト

コンテスト概要

テーマ 世界に選ばれる関西の未来のために
大賞: 賞状及び50万円
優秀賞: 賞状及び10万円
佳作( 数点): 賞状及び5万円
応募資格 応募時点で17~25歳の方
  • グループでの応募も可(KPMGグループの関係者は応募不可)
  • 学歴、職歴、国籍は問わない
  • 高校生、留学生も歓迎
字数 3,000~8,000字程度(A4サイズ2枚程度から・要約不要・タイトル含む)

後援

  • 大阪府
  • 関西広域連合
  • 日本国際連合協会関西本部
  • NPO法人大阪ユネスコ協会

お問合せ

お問合せフォーム」または、お電話にてお問合せください。

あずさ監査法人 大阪事務所
KPMG次世代論文コンテスト 事務局
TEL:06-7731-1005

なお、選考結果および理由等に関する問い合わせには応じかねますのでご了承ください。

過去のコンテスト

これまでの受賞者の論文や、表彰式の様子を紹介しています。