保険テクノロジー:デジタル戦略の進展

保険テクノロジー:デジタル戦略の進展

グローバルな保険会社は、デジタル戦略を整え、エマージングテクノロジーの重要性を認識し、イノベーション能力を獲得しつつありますが、短期的な目標の圧力やイベントドリブン型の変革と、事業の本格的なデジタル化への投資とのバランスをとるのに苦心しています。本レポートでは、最新のCEO調査も踏まえ、保険業界の破壊的技術の導入と課題について考察します。

関連するコンテンツ

CEOが自らデジタル化を主導する企業が増えている

世界中の大企業のCEO1,300人とのディスカッションの結果をまとめた「KPMGグローバルCEO調査2018」によると、デジタル関連の課題を自らの課題と捉えるCEOが増えています。
保険会社のCEOの10人中7人(73%)が、デジタルトランスフォーメーションの推進と信頼性の向上のために自ら主体的に取り組んでおり、顧客データの保護を自らの責任で行うべきものと考えています。また自社の成長の見通しについては肯定的であり、97%が破壊を脅威ではなくむしろチャンスとみなしています。

デジタルイノベーションへの注力こそが最重要課題

今日のCEOは、破壊的技術の導入を戦略上の最優先課題とみなしています。保険会社のCEOの73%は、ライバル企業によって破壊されるのを待つのではなく、自社が率先して破壊を受け入れて、それをチャンスに変えていきたいと考えています。
レポートでは、今後5年間に保険業界に最も大きな影響を与え続けると思われる8つの戦略的技術を紹介しています。

デジタル化における保険業界の課題

KPMGが2018年に保険会社のCIOを対象に行った調査によると、ますます多くのテクノロジーリーダーたちがインサイトドリブンなデジタル保険会社となるために段階的な変化を遂げようとしており、回答者の70%が、社内におけるテクノロジーの戦略的重要性が高まるにつれてCIOの役割は大きく変わっていくということに同意しました。

目次

  • デジタルを自らの課題と捉える
  • エマージングテクノロジー・レーダー
  • エマージングテクノロジーの展望
  • 保険業界のエマージングテクノロジー
  • デジタル化における課題
  • 大手保険会社の対応
  • まとめ
  • KPMGによる支援

レポートの全文についてはダウンロードPDFをご参照ください。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today