馬場 功一

パートナー

KPMGコンサルティング

早稲田大学大学院卒業。1989年にシンクタンク系コンサルファームに入社、30年超にわたりコンサルティング業務に従事。2012年から韓国財閥系企業常務としてソウル本社にてグローバル企業のマネジメントに携わる。2014年に帰国後、シンクタンク系コンサルファームを経て、2020年にKPMGコンサルティングに入社。1990年代は不動産・建設・住宅・都市開発、2000年代は鉄道・ロジスティクス、2010年代はエネルギーと、社会インフラ領域企業の経営改革、戦略構築、事業開発、業務改革、M&A・アライアンス支援等を多数実施。KPMGではインフラ業界(道路、鉄道、航空・空港、海運)を担当し、国内外の社会インフラ関連企業をクライアントに、戦略コンサルティング、事業構造改革・業態改革・DX・事業開発等をリードする。2020年秋よりスマートシティチームを立ち上げ、自治体スマートシティの推進・関連企業の事業化支援をリード。KPMGモビリティ研究所メンバーも兼務。資格:技術士(建設部門、都市および地方計画)

【担当領域】

  • インフラ関連企業(道路・鉄道・海運・空港・航空)の経営戦略、成長戦略や新規事業構想などの戦略策定、業務改革・コスト削減などの収益力強化、事業ポートフォリオ戦略などのコーポレート戦略
  • スマートシティを推進する自治体、スマートシティビジネス拡大をめざす企業の構想・戦略策定、実証実験・実装支援、運用主体の検討・設立支援