少子高齢化の進展、東京一極集中、デジタル化の遅れ等、日本を取り巻く環境は早急な対策を必要としており、また、昨年からのコロナ禍により、その緊急度はさらに高まっているものと考えています。
KPMGコンサルティングでは、これら社会的な課題に対応する公益性の高い業種を一貫して対応するため、GIE(Government、 Infrastructure and Energy)セクターを立ち上げました。
当セクターは、これまでのコンサルティング活動により培った知見・経験等に、デジタル、サイバーセキュリティ等、ニューテクノロジーに対する技術力を掛け合わせ、社会課題の解決に寄与していくことを使命としています。

1. ガバメント・パブリックセクター

  • 中央省庁・地方自治体・独立行政法人
  • 防衛・治安
  • ヘルスケア
  • スマートシティ
ガバメント・パブリックセクターの詳細は こちら

2. インフラストラクチャーセクター

  • 交通インフラ(道路・鉄道・空港・航空・海運)
  • スマートシティ

インフラストラクチャーセクターの詳細はこちら

3. エネルギーセクター

  • 電力
  • Oil&Gas

エネルギーセクターの詳細はこちら

KPMGコンサルティングの取組み事例

KPMGコンサルティングのガバメント・インフラストラクチャー・エネルギー各セクターの取組みを紹介します。