東日本大震災以降、電力・ガスシステム改革、石油需要の変動、脱炭素化への注力など、電力・石油・ガス業界を取り巻く事業環境は日々劇的に変化しています。
KPMGコンサルティングでは、変化への対応と着実な成長を両立するための、戦略立案やデジタルトランスフォーメーションなど幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

電力

石油・ガス

電力

電力システム改革に伴って激変する電力業界の中で、KPMGコンサルティングは電力に関わるさまざまなプレイヤーの変革を支援しており、大手電力会社に加え、新電力会社、再生可能エネルギー事業者、各種団体等への、戦略策定や構造改革、システム刷新、PMO、業務改革、業務設計といった幅広いサービスを提供しています。
また、昨今は旧来のプレイヤーに加えて、VPP(バーチャル・パワー・プラント)構築などを通じて異業種から電力業界に参入を図る新規プレイヤーへの支援も増加しています。
電力業界のバリューチェーンの上流から下流まで、幅広いプレイヤーに対する、多様なサービス提供の実績をもとに、企業の変革と持続的な成長を実現します。

VPP事業化・システム化支援

蓄電池や電気自動車(EV)などの分散型エネルギー資源(DER)を遠隔・統合制御し、デマンドレスポンス(DR)や卸電力や調整力の市場取引などによって収益化を図るVPP(バーチャル・パワー・プラント)が昨今の電力業界のトレンドとなっています。
しかしながら、VPP実証実験等を通じて技術的な検証は進められていますが、事業として収益化の目途を立てられている事業者は多くありません。
KPMGコンサルティングは、VPP事業に参入を検討するお客様の既存事業やアセットの強み・弱みを分析し、複数あるVPPの収益化方策のうちから最適な方策を提案します。また、それを実現するビジネスモデルの構築、将来の制度変更・市場環境を見据えたIRRの算出などの事業性検証、実行計画立案、VPP運用業務設計など、戦略立案から実行まで幅広く支援します。
また、VPPを運営していくために必要なシステムについて、既存のシステム構成や電源構成、実現したいVPPビジネスなどを踏まえて、市場に数あるシステムの中から貴社に最適なシステムを評価・選定するための支援を提供します。

エナジートレーディング高度化支援

燃料や発電設備などの資産を中・長期的な視点で最適化すること、燃料・電力などの様々なコモディティとこれらに付随する資金・為替などを短期的な時間軸で取引すること、これらをシームレスかつ統合的に実行するためのエネルギー企業における仕組みをアセット最適化とトレーディング(AO&T)といいます。
KPMGコンサルティングはアセット最適化とトレーディングに必要な、価格変動リスクや事業リスクに対するリスクマネジメント手法の見直し、ETRM(エナジー・トレーディング・アンド・リスク・マネジメント)システムの導入、収益性予測、内部統制構築、エネルギーポートフォーリオ検討などを通じて、企業の収益最大化・リスク最少化を支援します。

グリーントランスフォーメーション(GX)推進支援

世界各国で脱炭素化に向けた動きが加速する中、日本政府も2020年12月に成長戦略会議にて「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を公表するなど、今後さまざまな産業でゼロ・カーボン、低炭素化に向けた取組みが進められていくことが見込まれています。
KPMGコンサルティングは、再生可能エネルギー由来のグリーンエネルギーの最適な調達手法の検討や、蓄電池・水素・CCS(二酸化炭素回収・貯留)・CCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)などのさまざまな新技術の調査・ロードマップ検証、戦略策定、事業性評価などを通じて、企業のカーボンニュートラルの実現・脱炭素社会への移行に向けた取組みを支援します。

再生可能エネルギー調達戦略最適化支援

昨今、環境負荷の低減や二酸化炭素排出量の削減を求める外部からの圧力が強まっており、気候変動に対応した経営戦略の開示(TCFD)や脱炭素に向けた目標設定(SBT、RE100)、サステナブルファイナンスなどに取り組む企業が増加しています。
今後再生可能エネルギー由来の電力が持つ環境価値の需要が高まっていくことが予想されている中で、KPMGコンサルティングは、FIT/FIP電源・非FIT/FIP電源の調達、J-クレジットや非化石証書の調達、オンサイト・オフサイトPPAなど、さまざまな選択肢の中から、最適な再生可能エネルギー調達戦略を提案します。また、再生可能エネルギー調達と同時に、コストを最適化する市場取引の検討、需給ひっ迫時の対応を見据えたリスク低減策など、環境・コスト・リスクのバランスを最適化する方策の立案を支援します。

洋上風力発電所建設プロジェクト推進支援

再生可能エネルギー海域利用法が制定され、政府が海洋での風力発電所の開発を主体的に推進する環境が整備されたことで、現在日本各地で多くの洋上風力発電所の建設が計画され、複数の区域では事業者公募やEPCの段階に進んでいます。また、洋上風力産業ビジョンにより産業競争力強化に向けた基本戦略が提示され、魅力的な国内市場の創出や投資促進等により案件形成の更なる加速化が予想されています。
KPMGコンサルティングは、洋上風力発電所建設に携わる発電事業者や風車メーカー、ゼネラルコンストラクターなどのクライアントに対して、事業性評価や大規模プロジェクトを管理するプログラムマネジメント支援、EPCプロジェクトマネジメント支援、EPC契約書のリスクアセスメント、O&M体制構築、O&M業務設計、CTV選定、最適予備品数計画など、事業企画から設計・調達・建設、O&Mまでさまざまなサービスを提供します。

電力×他業界 新規事業開発支援

電力自由化やデジタル技術の進展によって電力業界への参入障壁が低くなり、IT業界や不動産業界などの企業が他業種から電力業界に参入し成功を収める企業が出てきている一方で、ノウハウや体制などの不足からうまく事業化が出来ていない企業も少なくありません。
KPMGコンサルティングは、他業界から電力業界に参入を検討している、もしくは既存の自社事業に電力サービスを取り入れて付加価値を付けたいと考えているクライアントに対して、事業戦略の立案やサービス内容の策定、事業性評価、ビジネスモデル構築などの新規事業・サービス開発を支援します。

その他のサービス

  • 法制度対応
  • 構造改革支援
  • DX推進支援

石油・ガス

石油・ガス業界は、世界的な地球温暖化を背景とした脱炭素化の潮流を始め、ESG・SDGsにかかる取組み、新興国需要の増加やグローバル競争の激化、原油価格の激しい変動、日本の原発事故に伴う火力発電燃料のLNGへのシフト、EVを始めとする低燃費車や水素の普及等々、複雑化する環境変化への対応や高まるリスクへの対応に迫られています。
KPMGコンサルティングでは、原油の輸入、石油製品の精製販売ならびに、石油化学製品の生産販売に携わる企業に向け、クライアントやグローバルネットワークとのコラボレーションを通じ、企業が持続可能な競争優位性を構築するための打ち手の導出および実行をスピーディーに支援します。