close
Share with your friends

BEPS対応移転価格文書化支援サービス

BEPS対応移転価格文書化支援サービス

BEPS行動13により制度化されたマスターファイル、ローカルファイル、国別報告書等の準備・作成を移転価格専門家が支援します。

BEPS行動13により制度化されたマスターファイル、ローカルファイル、国別報告書等の準備・作成を移転価格専門家が支援します。

2011年度税制改正において国税通則法が改正され、法人税調査については、原則として一般法人税調査と移転価格調査が「一の調査」として行われること、ならびに調査において適時提出が要請される特定の情報が明確化されました(いわゆる移転価格文書化制度の導入)。次いで2016年度にはOECDによるBEPS行動計画13の最終報告書を踏まえて行われた税制改正によって、一定の要件に該当する企業において3層の文書化対応、すなわちマスターファイルローカルファイル国別報告書(CbCR)の作成・提出が求められることになりました(厳格な同時文書化)。

わが国の移転価格調査対象は、とみに小規模化の傾向が見られ、移転価格調査に備えるローカルファイルは、大小問わず関連者間取引を有する企業にとって重要性を増してきています。
KPMGでは実効性のある各種文書の作成を支援するとともに、移転価格リスク最小化のためのアドバイスを提供します。

 

具体的な対応事例

  • 租税特別措置法施行規則第22条の10の5第1項(マスターファイル)対応
  • 租税特別措置法施行規則第22条の10第1項(ローカルファイル)対応
  • 国別報告書(CbCR)対応
  • 海外のローカルファイル対応
  • 海外のローカルファイル用テンプレート作成
  • CbCRによるリスクアセスメント
  • BEPS対応移転価格文書化指導・レビュー
  • BEPS行動13関連書類(例:関連者間契約書関連文言の整備)対応
  • 価格設定ポリシー・メカニズム構築対応

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)