コロナ禍の店舗経営リスクの効果的なモニタリング

コロナ禍の店舗経営リスクの効果的なモニタリング

店舗経営へのインパクトが大きいリスクをデータドリブンによりモニタリングし、早期に対応する態勢を構築します。

店舗経営へのインパクトが大きいリスクをデータドリブンによりモニタリングし、早期に対応する態勢を構築します。

コロナ禍の店舗経営においては、店舗周辺の人通りの減少による収益率の変化や、従業員不足を背景とした長時間労働の発生など、経営へのインパクトが大きいリスクが新たに発生しており、それらを早期に把握して対応することが重要な経営課題の1つとなっています。しかし、リソースの制約がある中でその実現は容易ではありません。
KPMGは、店舗モニタリングソリューションを活用し、本社・本部によるきめ細やかなモニタリングの実現を支援します。また、多店舗展開を行うクライアントの効果的な店舗経営リスクのモニタリング体制の構築と運用を支援します。

KPMGが提供するもの

データドリブンによるリスクモニタリング態勢構築の支援

  • コロナ禍でのリスクモニタリングの観点の設定
  • 店舗経営へのインパクトが大きいリスク観点の特定
  • リスクモニタリングに利用するデータの選定
  • 社内外の新たなデータの入手や利用の方法の検討

店舗リスク総合評価のダッシュボード構築の支援

  • 店舗評価項目の選定、評価基準・評価方法の設定
  • 各種情報・データ収集体制の構築
  • 評価ダッシュボードの構築
  • 評価ダッシュボードによる評価の実行・評価レポートの作成

現地での検証・監査の効率化および実行の支援

  • 内部監査ツールの選定およびフィットギャップ分析
  • 標準監査手続の作成、ツールへの登録
  • 実地監査のアウトソース・コソース(KPMGの多拠点のメンバーが支援)
  • 内部監査業務の再設計

お問合せ