コントロール・ポートフォリオ分析モデル

コントロール・ポートフォリオ分析モデル

デジタルの活用で、日々の活動に関連した「隠れた」コストを含む内部統制や内部監査に関するコストの最適化を進めます。

デジタルの活用で、日々の活動に関連した「隠れた」コストを含む内部統制や内部監査に関するコストの最適化を進めます。

企業は、課せられる様々な法規制やリスク対応のために膨大な時間および費用を負担しています。これらの活動に係る成果とコストのバランスを最適に保つことが経営管理の課題となっています。KPMGは、コントロール・ポートフォリオ分析モデル(CPAM)を活用し、最適バランスの実現を支援します。

内部統制や内部監査に関するコストは、統括担当部署の人件費や外部委託費など容易に把握できるもののみで測定しがちです。しかし実際には、これらのコスト要素は全体の一部にすぎず、その大部分は、日々の活動に関連した「隠れた」コストから形成されます。
全体のコントロールに対するリソース投入の対象と量について、より最適でより効果的なポートフォリオはどうあるべきかを判断するためには、隠れたコストも含めたコントロール・コスト全体の把握が必要です。

コントロール・コストの最適化には、コントロールの状況に関するデータへの洞察により、時間や資金が集中している場所を理解すること、およびより大きな効果が期待できる場所を特定することが必要です。

KPMGのコントロール・ポートフォリオ分析モデル(CPAM)は、コントロール・コストを分析・可視化する方法論であり、「隠れた」コストも含めて、コントロール・コストの全体像を明確にします。クライアントの(1)リスクコントロールマトリクスと(2)就業時間と人件費などのインプットに対して、(3)定型化されたコストドライバーに基づき、Webベースのツールを用いてすべてのコントロールを分析し、コントロール・コストの全体像を可視化します。

KPMGが提供するもの

KPMGは、クライアントのコントロール・コストの最適化を進める活動を支援します。

  • ビジネスプロセスに内在する隠れたコストへの洞察
  • 様々なビジネスへの経験値に基づく、豊富なコントールの組み合わせバリエーションの最適化提案
  • リスク軽減に係る費用対効果が低いコントロールの特定
  • コントロールの種類とクライアントの目的に応じたコントロールの全体状況の可視化
  • コントロールの改善、排除、または自動化のための領域の特定

「内部監査におけるデジタル活用支援」内容

お問合せ