内部監査業務への最新IT活用支援

内部監査業務への最新IT活用支援

「機械学習」や「BIツール」など最新ITの活用で、これまで以上に内部監査業務の高度化・効率化を進めます。

「機械学習」や「BIツール」など最新ITの活用で、これまで以上に内部監査業務の高度化・効率化を進めます。

近年、ビッグデータや人工知能(AI)に代表される、第四次産業革命と呼ばれる技術革新が急速に進行しています。
KPMGは、従来ヒトの手では成しえなかったリスク評価の精度向上や、監査における単純作業の自動化等、これまで以上に内部監査業務を高度化・効率化できる、「機械学習」や「BIツール(Business Intelligence)」などの最新ITの活用を支援します。

内部監査業務における最新ITの活用例

社内外に存在する大量のデータや要素技術の持つさまざまな機能を組み合わせ、これらを最大限に活用することによって、従来ヒトの手では成しえなかったリスク評価の精度向上や、監査における単純作業の自動化等につなげることが可能です。

ロボットによる自動化(RPA)

  • 電子データと電子化された証憑データの自動突合
  • データ入力・不備チェック・各種処理の自動化
  • 作業品質の向上


機械学習を活用した各種データ分析

  • 社内外事象に基づくリスク洗出し
  • 高リスク業務または組織(子会社/部門等)の分類
  • データ分析シナリオの導出

「内部監査におけるデジタル活用支援」内容

お問合せ