close
Share with your friends

オンライン本人確認(eKYC)の導入に関するアドバイザリー

オンライン本人確認(eKYC)の導入に関するアドバイザリー

あずさ監査法人では、eKYC導入の検討から運用態勢構築までの各フェーズにおいてアドバイザリーサービスを提供します。

あずさ監査法人では、eKYC導入の検討から運用態勢構築までの各フェーズにおいてアドバイザリーサービスを提供します。

オンライン本人確認(eKYC)の導入に関するアドバイザリー

2018年11月に犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則が改正され、口座開設等の特定取引時の本人確認について、オンラインで完結する本人確認方法(eKYC)が追加されました。
これまでの非対面取引における本人確認方法として一般的な転送不要郵便の送付が不要になり、顧客から見ると本人確認のすべての手続きをオンラインで完結することが可能となります。
金融機関にとっては、転送不要郵便のプロセスが不要となり、郵便に係るコストの節減や申込みから取引開始までの期間を短縮することによる顧客利便性の向上といったメリットが見込まれます。
他方で、画像撮影に用いるソフトウェアを金融機関が顧客に提供する必要があるなど、eKYCの導入に当たっては、従来とは異なる知見が必要となります。
あずさ監査法人では、eKYC導入の検討から運用態勢構築までの各フェーズにおいてアドバイザリーサービスを提供します。

参考:eKYCを取り巻く環境の変化とは

提供サービス

eKYCの導入支援

eKYCの導入検討から運用態勢構築に係る各ステップについて、リスク・コンプライアンス管理も含めたプロジェクト全体を支援します。
 

eKYCの導入支援