close
Share with your friends

スマートファクトリーサイバーセキュリティ

スマートファクトリーサイバーセキュリティ

KPMGは、最新のサイバー脅威に対応するための、スマートファクトリーに効果的かつ最適なセキュリティ対策の実現を支援します。

KPMGは、最新のサイバー脅威に対応するための、スマートファクトリーに効果的かつ最適なセキュリティ対策の実現を支援します。

近年、工場では制御システムのオープン化とIoT技術の活用によるスマート化に伴い、サイバー攻撃のリスクが高まっています。工場生産ラインを停止させられる事例が増加しており、サイバー脅威は経営リスクに直結するため、早急に対策を講じる必要があります。

KPMGは、スマートファクトリーに求められる効果的かつ最適なセキュリティ対策の実現を支援します。

スマートファクトリーとは

「スマートファクトリー(つながる工場)」とは、IoT技術によって各種センサーや生産設備など工場内のあらゆる機器から生成されるデータを、AI技術などを活用してクラウド上で高度に分析することで、製造コストの削減、生産性の向上、および経営判断の迅速化などを実現した工場のことを言います。

スマートファクトリーの特徴

スマートファクトリーを取り巻く様々な脅威

クラウド、サプライヤーのシステムと接続されたスマートファクトリーでは、制御システム・ネットワークのオープン化やIoT技術の活用の弊害として、マルウェア感染や攻撃者の侵入など、従来のクローズドネットワーク環境では想定されていなかった様々な脅威にさらされます。

スマートファクトリーを取り巻く様々な脅威

KPMGによる支援

工場のスマート化推進をボトムアップ的に進め、外部ネットワークとの接続を網羅的に把握できなくなっているケースが散見されます。そのようなケースでサイバーセキュリティ対策を実施する上では、先ず工場のネットワークを可視化することが必要となります。
その上で、制御システムに繋がるあらゆる機器(従来の制御システムおよびIoT機器)やネットワークに対する攻撃経路を特定し、総合的なサイバーセキュリティ対策を立案します。

KPMGによる支援

KPMGの特長

制御システム・IoTセキュリティの専門家集団

制御システムセキュリティの標準化への関与者、生産現場の経験者、IoT機器ベンダー出身者などの専門家で構成された、制御システム・IoTセキュリティの専門チームを組成しています。

制御システムに対するグローバルなナレッジと多数の実績

IEC 62443、NIST、ENISAなどの国際標準やガイドラインにかかる知見とグローバルのナレッジを最大限に活用し、大規模かつ複雑性の高い組織に対して多数の支援実績を有しています。

テクノロジーとマネジメントの両面から支援可能

スマートファクトリーのサイバーセキュリティ対策の高度化に向け、現状の分析・評価から運用・監視体制の確立に至るまで、セキュリティ対策のライフサイクル全体を通して一気通貫で支援することが可能です。

また、制御システムセキュリティリスク分析やセキュリティ監視/インシデント対応体制の構築支援、サイバー攻撃演習などのテクノロジー/運用面に加え、制御システムセキュリティポリシーの策定支援やサプライチェーン管理体制の設計支援、工場セキュリティ担当者のトレーニングなどのマネジメント面の両面から幅広く支援します。

KPMGの特長

関連サービス

お問合せ