close
Share with your friends
ネットワークが集まる物流基地

サプライチェーンマネジメント

サプライチェーンマネジメント

消費者の成熟・多様化やデジタルネイティブ世代の台頭、消費地の移動といったマーケットの変化・複雑さ、貿易摩擦や税制ルール変更などの地政学リスク、ESGやSDGsといった社会的要請、DXに代表されるテクノロジーの進化、異業種間競争の進展などの外部環境やグローバルに張り巡らされたサプライチェーン構造の複雑さ、組織の複雑さといった内部環境より、企業経営の難易度は飛躍的に高まっています。

このような中、オペレーションを実行するためのサプライチェーンマネジメントから、経営の意思決定を支える、サプライチェーンの構造をアジャイルに最適化し、意思決定に基づいて速やかに対応できる、企業単体ではなく川上から川下まで複数企業間を渡るサプライチェーン全体での、サプライチェーンマネジメントへの進化がグローバルレベルで求められています。

KPMGでは、このようなニーズに対して、サプライチェーン戦略の策定やマネジメント体制の構築、将来予測に基づくコントロールタワーの構築、サプライチェーン構造の最適化、エンジニアリングチェーンの強化、IoTやスマートファクトリー、品揃え最適化(商品ラインナップ最適化)、オペレーションデジタル化、企業間連携のデジタル化、サプライチェーンリスクマネジメントなど、会計の専門家やリスクコンサルティングの専門家とも連携し、企業経営に資するサプライチェーンマネジメントの実現をトータルにサポートします。

主要なサービス

  • サプライチェーンコントロールタワー構築(コグニティブ・ディシジョン・センター)
  • サプライチェーンネットワーク最適化(税コスト含む)
  • 企業間取引・連携デジタル化
  • オペレーションデジタル化・業務改革
  • エンジニアリングチェーン強化(PLM、デジタルツインなど)
  • IoT・スマートファクトリー化
  • 商品品揃え最適化
  • グローバルスペンドマネジメント強化
  • サプライチェーンリスクマネジメント

関連リンク

<グローバルレポート翻訳版>
The future of supply chain どこへでも続く道-サプライチェーンの未来
デジタル化を背景に、将来、製品やプロセスではなく顧客ニーズが大きな要因となるであろうサプライチェーンの新しい在り方を考察します。

お問合せ