close
Share with your friends

AIによる設計開発業務の効率化・高度化 ~自然言語処理を活用したAIソリューション~

AIによる設計開発業務の効率化・高度化 ~自然言語処理を活用したAIソリューション~

AIによる自然言語処理で企業内の様々な文書に眠っていた知見を活用可能にし、設計開発業務の効率化・高度化を実現します。

AIによる自然言語処理で企業内の様々な文書に眠っていた知見を活用可能にし、設計開発業務の効率化・高度化を実現します。

近年における製造業を取り巻く環境の大きな変化は、国際競争力の強化に向けた大きなチャンスである一方、競合企業に後れを取った場合には、大きな脅威となります。
この競争に勝つためには、製品研究や設計開発、製造のさまざまな領域・工程でデータを活用し、日本の製造業の強みである従来の高い品質に加え、コストやスピード面での優位性が求められます。

かつて、日本の製造業は高い品質が世界から評価されていました。しかし、昨今、製造プロセス自体のデジタル化を推し進めることで低価格化を実現し、消費者が求める製品を低コスト、かつ一定の品質で製造し市場に投入するアジア新興国の企業が台頭しており、テクノロジーのコモディティ化(汎用化)によって日本のものづくりの優位性が低下しています。さらに、ライフスタイルの変化や環境規制の強化といった市場環境の変化に迅速に対応することが求められており、今、日本の製造業は大きな変革を迫られています。

KPMGの提供するAIソリューション”KNIGHT”(Knowledgeable Integrated Graphic Transformation)は、自然言語処理を活用し、研究・設計開発・製造の現場で作成されたあらゆる文書を分析します。文書の中に眠る企業の知見を掘り起こし、活用可能にすることで、従来の高い品質に加えて、低コストかつスピード感のある製品開発の実現を支援します。

変化の激しい今の時代に対する企業の構えとして、人工知能をはじめとするデジタル技術の業務活用が必須になります。しかしながら、日本においてデジタル人材は圧倒的に不足しているため、各企業での個別の取り組みでなく横断的なプラットフォームとして整備する必要があります。KNIGHTの様な仕組みを製造業全体でプラットフォーム化し、あらゆる知見を活用可能にすることができれば、日本企業の競争力を高めることができると考えています。

AI技術 “自然言語処理” の活用により、企業に眠る知見を掘り起こす

自然文の分析には、人工知能(AI)の自然言語処理技術を活用することが有効です。KPMGが開発した”KNIGHT”は、自然文で記載された様々な文書から重要なキーワード(トピック)を抽出し、トピック同士の関連性を分析・可視化することで、これまで眠っていた知見を活用可能にします。
KNIGHTによって、膨大な量の自然文から、領域や時系列を横断した情報間の依存関係を網羅的に把握することができ、考慮すべきトピックの抜け漏れを防ぐとともに、社内外に存在する未知の知見を獲得することが可能です。

KNIGHT活用シナリオ

  • 新規事業領域の発掘

新規事業の検討時は、市場のニーズのみならず、自社がすでに保有している技術や競合他社が力を入れている領域についても考慮が必要です。事業立ち上げにおいて、関連する領域の先端技術を保有しているスタートアップ企業や研究機関についても、提携先の候補として把握することができます。KNIGHTを活用することで、以下が可能となります。

  1. 時系列でのトピックの差分を分析することで、ホットな市場ニーズを把握
  2. 自社の保有技術と市場ニーズから、参入すべき新規事業領域を発見
  3. 新規事業領域に関連する企業や研究機関を特定し、提携先の候補をリストアップ
  • 設計開発時の不具合対応

KNIGHTを活用することで、過去に開発した類似製品や部品の不具合情報を把握したうえで設計検証を実施することで、検証項目の漏れや試作などの後工程での不具合による手戻りを防ぎます。また、実際に不具合が生じた際は、関連する社外情報の確認により、過去に社内では発生していない不具合の対応策といった、社内にない知見を獲得することができます。

  • サプライチェーンリスクの把握

自然災害やテロ、または各国の法律・規制の変更などによって、系列企業や部品メーカー、物流業者などの業務に影響が生じ、自社の事業が遂行できなくなるリスクがあります。KNIGHTの活用により、このような事象への迅速な対応、またリスクを事前に把握することによる防止・低減策の検討が可能です。

これらの活用シナリオは、ほんの一例に過ぎません。また、製造業のみならず、様々な業界で活用できると考えています。KNIGHTによって社内外の様々な情報を分析することで、これまで思いもよらなかった情報の繋がりを知ることができます。


KNIGHTの詳細は、以下のPDFをご覧ください。

お問合せ