印鑑レス口座の導入と預金為替事務の運営高度化に関するアドバイザリー

「印鑑レス口座」の導入や関連する預金為替事務の運営高度化について、預金制度等の関連制度や実例を踏まえた価値あるアドバイザリーサービスを提供します。

「印鑑レス口座」の導入や関連する預金為替事務の運営高度化について、預金制度等の関連制度や実例を踏まえた価値あるアドバイザリーサービスを提供します。

スマートフォンをはじめとしたオンライン取引の増加や、2018年11月の法改正によるオンライン完結の本人確認(eKYC)の整備により、印鑑なしで口座の開設が可能な「印鑑レス口座」の需要が高まっています。現在、金融機関は店頭を中心とした事務量削減や預金為替事務を 含む業務プロセスの改革に取り組んでおり、「印鑑レス口座」の導入はそうした取組みを促進します。
「印鑑レス口座」の導入に際しては、口座のライフサイクルや本人認証等、その後の銀行取引全体を踏まえた各リスク項目の考慮が必要です。

あずさ監査法人では、「印鑑レス口座」の導入や関連する預金為替事務の運営高度化について、預金制度等の関連制度や実例を踏まえた価値あるアドバイザリーサービスを提供します。

お問合せ