close
Share with your friends

経理財務領域シェアードサービス・アウトソーシングソリューション

経理財務領域シェアードサービス・アウトソーシングソリューション

グローバルレベルでのオペレーションの統合・効率化のために、RPAやクラウド等最新テクノロジーの活用も視野に入れ、シェアードサービスやアウトソーシングの新規導入・活性化を支援します。

RPAやクラウド等最新テクノロジーの活用も検討し、シェアードサービスやアウトソーシングの新規導入・活性化を支援します。

積極的な海外展開やM&Aに伴い、日本企業の多くはグローバルレベルでのオペレーションの統合・効率化を行うことが喫緊の経営課題となっています。
既に多くの日本企業でシェアードサービス(SSC)あるいはアウトソーシング(BPO)を活用していますが、さまざまな理由から当初期待していた効果を実現しているケースは必ずしも多くはないとKPMGは考えています。


ソリューションの概要
グローバルレベルでSSCやBPOの最適化を図るためには、既存の業務改革ノウハウを活かしつつ、包括的視点で取り組んでいくことが重要です。
KPMGは、グローバルでの豊富な経験や知見に基づき、SSCやBPOの新規導入および活性化をグローバルのベストプラクティスを活用し支援します。
業務プロセスの最適化においては、RPA(Robotic Process Automation)やクラウドを活用した不正検知機能などの最新テクノロジーの導入も加味したうえで、最適なソリューションを提供します。


よく見られる課題例

  • コスト削減が思うように進まない
  • コストセンター化の弊害
  • サービスレベルアグリーメントの弊害
  • グローバル対応ができない


本サービスの詳細については、以下をご覧ください。


関連するサービス

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)