close
Share with your friends

経理財務業務改革ソリューション

経理財務業務改革ソリューション

1,000人以上のIFRS専門家や税務専門家チーム、グローバルネットワークと連携し、会計指針の策定や運用デザインのみならず運用の定着化までをサポートし、経理財務業務の改革を支援します。

決算情報の早期確定から業務改善、会計システムの刷新、新たなプロセスの現場への浸透にいたるまで、経理財務業務改革を支援します。

市場環境が激変する中、迅速かつ適切に経営情報を把握する仕組みの確立が経営上の重要な課題となっています。
KPMGは、経営層やステークホルダーに資する情報をタイムリーに提供できるよう、決算情報の早期確定から業務改善、会計システムの刷新、新たなプロセスの現場への浸透にいたるまで、経理財務業務改革(Efficient Finance Operation:EFO)を支援します。


ソリューションの概要
コーポレートガバナンス・コードの導入やIFRS(国際会計基準)対応などによる開示情報の重要性の高まり、あるいは迅速な経営判断を必要とするトップマネジメントからの要望に対応すべく、経理財務部門ではさらなる改革が求められています。
KPMGは、構想立案にとどまらず運用定着化までを見据えてIFRS導入、マルチGAAP対応、決算期統一、決算業務効率化および早期化、会計システム導入を支援します。さらに、昨今注目される統合報告書への対応や、グループ資金管理強化を支えるキャッシュマネジメントシステム(CMS)の導入も支援します。


よく見られる課題例

  • IFRSを採用したいが自社にノウハウがない
  • 決算早期化をしたが、さらなる早期化が必要
  • グローバルで最適な資金管理ができていない


本サービスの詳細については、以下をご覧ください。


関連するサービス

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)