close
Share with your friends
道を横断する人々

COVID-19 克服に向けたDAソリューション

COVID-19 克服に向けたDAソリューション

KPMGでは経済、産業がコロナショックを克服し、新たな社会構造に至る過程を、4つのフェーズ(リアクション、リジリエンス、リカバリー、ニューリアリティ)にわけて捉えています。各業界、各企業においては、それぞれの課題がそれぞれのフェーズにおいて連続的に惹起してくることが予想されます。

KPMGでは経営戦略、リストラクチャリング、M&Aを含むトランザクションの3つの領域において、各企業が今現在、直面している課題の解決は勿論、来るべきニューリアリティーでのあるべき姿を見据えた戦略的な課題設定と、その解決のためのソリューションの提案が可能です。

Covid19影響下でのDAソリューション

お問い合わせ先

株式会社KPMG FAS
FAS-COVID19@jp.kpmg.com

1. リストラクチャリング

大項目 サービス名 具体的内容
流動性管理/事業再生  事業戦略の見直し支援
Recoveryフェーズを乗り越えるため、コロナ影響下の経営環境に合ったビジネスに軌道修正するための事業戦略の見直しや、戦略オプション(事業・子会社・JV等の改善・継続、売却、清算)の検討を支援します。
事業計画の策定支援

Recoveryフェーズを乗り越えるための事業の将来性評価、事業モデルの再構築、および混乱収束後の事業活動に向けたポジショニングの確立、事業計画の修正・再策定を支援します。

コスト削減の計画・実行支援

コストベースの削減、および事業価値の維持に即効性のあるコスト削減施策の策定・実行を支援します。

事業縮小の計画・実行支援

事業縮小を前提とした、赤字事業・地域・拠点等からの撤退に関する計画・実行を支援します。

ステークホルダーとのコミュニケーション支援 リストラクチャリング・事業計画の実行に向け、主要なステークホルダー(従業員、顧客、取引先、金融機関、株主、税務当局等)からの継続支援を得るために、主体的かつ継続的なコミュニケーションを支援(金融機関等からの資金調達や借入金のリスケジュール等調整支援を含む)します。
レスキューファイナンスアレンジ(セルサイドFA) コロナ禍を起因とする急激な事業環境の変化により資本が棄損、または棄損する見通しとなる企業に対して、環境正常化に至るまで事業を支え、再び成長軌道に乗るまでの資本支援パッケージのアレンジ(本質的に優良な事業がコロナ禍で被る一時的な資本ショックをカバー)を支援します。
運転資本の最適化(WCO) デジタルを活用した運転資本の最適化支援 データアナリティクスを駆使し、短期的及び中長期的な運転資本(売上債権/仕入債務/棚卸資産)の最適化機会の特定を支援します。海外拠点における営業、調達、生産管理、経理等の様々なオペレーションを網羅した支援を提供します。
  • オペレーション(売上サイクル:受注から入金まで / 仕入サイクル:調達から支払いまで / 在庫サイクル:予算から出荷まで)の改善機会の特定支援
  • 改善施策の立案からその実行支援

 

2.ストラテジー

大項目 サービス名 具体的内容
需要が高まる市場・技術の動向調査 パラダイムシフトに伴って需要が高まる技術動向の調査支援

コロナによってもたらされた様々な変化を受けて表出した新しい課題に対するソリューションの調査、分析を行います。

  • 各業界における新たな課題と、その解決の方向性トレンド・企業の動向
  • 課題の解決に必要な要素技術とその開発ステージ・特許の精査
新秩序下におけるPESTLE分析に基づいた市場の再定義支援
ウィズ・コロナにおける政治、経済、社会、技術、規制、環境などの変化の動向、および自社の事業環境の視点からの捉えるべき市場の再定義を支援します。
 
  • 自社の事業環境に沿った各国市場の調査とリスク評価
  • 自社ビジネスに対する影響度合いの把握と定量化
地産地消/分散化・自動化/省力化に向けた事業ポートフォリオ・ビジネスモデルの見直し オンライン化の加速に伴うビジネスモデルの変換と組織の改革支援

対面・面着ビジネスからの変換が必要となるビジネスモデルの定義と、それを実現するための組織機能の開発および導入を支援します。

  • 環境変化に伴って開発が必要となる儲けの仕組みの定義
  • 必要となる業務・組織機能の定義とギャップ分析、導入プランニング
自動化、オフバランス化を前提としたコア・ノンコア事業の見極めと再編支援

さらなるコア事業の強化を進めるための領域定義と、獲得方法ならびにノンコア事業の売却を含めたオフバラランス化の方向性の定義を支援します。

  • 強みの棚卸しとコア事業の定義、それに伴うポートフォリオの再定義
  • 自動化・無人化・アウトソーシングなどを活用したアセット軽量化の検討
グローバリゼーションの再考に伴うグローバル地域戦略見直しの支援

コロナを契機に高まった地政学的なリスクを分析し、地産地消の推進や、調達・製造の分散化などを含めたサプライチェーン上の競争優位性の確保を支援します。

  • 地産地消を推進すべき製品群の地域の特定とサプライチェーンの設計
  • リスク分散の在り方の検討と調達・輸送・税務観点からの検討実施

3.トランザクション

大項目 サービス名 具体的内容
コロナ後のニューノーマルにおけるM&A対象領域の特定・対象企業の選定 新規事業開発フレームワークによるM&A領域の特定と最適手段の識別支援

自社が進出すべき市場、開発すべき製品・サービス、必要となる技術の3点から、新たな事業を開始するときに必要な要素とステップを特定し、明確化することを支援します。

  • 最も成功確率の高い進出領域を特定し、その獲得手段を特定
  • M&Aが必要である場合、そのスクリーニングの軸(フック)を抽出
事業戦略/成長戦略見直しに伴うM&A活用における支援(FA)
事業前提の大幅な変化により事業戦略自体の見直し、成長戦略の見直しが必要な企業に対して、M&Aの観点(想定ディール・ストラクチャー、ターゲットの有無、買い手の有無の検討)から実行可能なメニュー検討を支援します。
ポートフォリオ見直しに伴うM&A活用における支援(FA)

従前からのコア/ノンコアの議論のみならず、ポスト・コロナを踏まえた新たなノンコア事業の検討につき、M&Aの観点(想定ディール・ストラクチャー、ターゲットの有無、買い手の有無の検討)から実行可能なメニュー検討を支援します。

ノンコア、または不採算事業の売却 事業売却検討支援 潜在的に売却の必要性がある事業(財務上、事業上、戦略上)につき、本格的な売却準備に入る前から必要なFAサポートを行います。想定される買い手候補の特定、(必要に応じて)有力買い手候補へのサウンディングの実施、また、実行可能な売却ストラクチャー含め、想定される売却条件の明確化等を支援します。
カーブアウトプラン作成支援

ポートフォリオの見直しに基づき、売却する対象事業のカーブアウト範囲に沿ったカーブアウトプラン作成を支援します。

  • 対象事業を担う会社の特定とカーブアウト対象会社の検討
  • 機能別/資産別の現状整理
  • 機能別/資産別のカーブアウト範囲の検討
  • 機能別カーブアウト範囲を踏まえた、カーブアウト後の商流、オペレーションの変更後モデル(ターゲットオペレーティングモデル)の検討
  • 機能別カーブアウト範囲を踏まえて、Day1時点の不足機能、人員の補填方法の検討
  • TSA(Transition Service Agreement)・LTSA(Long Term Service Agreement)の検討
  • スタンドアロンコスト調整

 

カーブアウトFS作成支援(実績期間/事業計画期間) 機能別/資産別のカーブアウトプラン、カーブアウト後のオペレーションモデルに沿った、カーブアウトPL/BSの作成を支援します。
  • 対象事業のカーブアウト範囲に沿った調整(プロフォーマ調整)
  • ターゲットオペレーティングモデルに沿った調整(プロフォーマ調整)
  • スタンドアロンコスト(TSA費用含む)の加算・減算
事業売却における税務ストラクチャーの検討支援 想定カーブアウトプランにおける、再編ストラクチャーを税務上のリスクの観点から検討します。
事業売却のディール対応支援

最終契約(DA)締結までの売却プロセスの事前準備、DD対応、およびDA交渉を支援します。

  • VDDの実施、VDDレポートの作成(財務・財務)
  • 買手候補の初期開示資料リストを想定しての開示資料の準備
  • 売却プロセス中の、DD対応支援
  • TSA・LTSAを含むDA締結に向けた、交渉に関するアドバイス
事業売却におけるDay1準備支援

DA締結からDay1に向けた準備、計画、実行を支援します。

  • セパレーション実行に向けたプロジェクト体制準備
  • セパレーションコスト(売手負担)の見積り
  • クロージング条項(CP)充足に向けた対応
  • Day1社内外コミュニケーションプラン作成
  • Day1以降のセパレーションプランの作成
  • セパレーションBSの作成
  • 価格調整
セパレーション実行支援

セパレーションプランの実行を支援します。

  • Separation Management Office(SMO)
  • セパレーションの詳細計画検討・実行
  • TSA エグジット・プランの検討
全社戦略・ジョイントベンチャー(JV)の再構築 ディール・アングルからのJV解消/キャピタライゼーション再検討支援 潜在的に資本構成、株主構成の変化が想定されるJV(財務上、事業上、戦略上)につき、JVパートナーとの正式な協議に入る前に、必要なFAサポートを提供します。JVに必要な資本金額、想定される第三者の買い手候補の特定、ないし持分買い増しプラン実行の可否等を事前に明確化するための支援を行います。
JV再構築支援

コロナショック等で内外の経営環境が大きく変化するタイミングは、マイノリティ出資で設立した先、経営状況が思わしくないJV等について、思い切った再構築を行う好機となり得ます。JVの資本構成変更を伴う再構築支援を行います。

  • JVの成功の再定義(直近および将来の内部・外部環境を踏まえたJVの目的、ビジョン、戦略の見直し)
  • SHAの再締結(上記成功の再定義を踏まえた、出資者として確保すべき権限等の明確化)
  • JVマネジメントのエンゲージメント:JV経営陣に対して新しいビジョンや戦略を提示し、今後のアジェンダやロードマップについて合意形成を図る

 

お問合せ