KPMGコンサルティング、書籍「カーボンニュートラル もうひとつの“新しい日常”への挑戦」を発行

国内外の動向や課題、また2050年への展望やビジネスへの影響など、カーボンニュートラルに関する解説書を発行しました。

国内外の動向や課題、また2050年への展望やビジネスへの影響など、カーボンニュートラルに関する解説書を発行しました。

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:宮原 正弘、以下、KPMGコンサルティング)は、書籍「カーボンニュートラル もうひとつの“新しい日常”への挑戦」を日本経済新聞出版より発行しました。

日本において「2050年カーボンニュートラル」が宣言されてから、1年が経過しました。
本書では、現在の国内外の動向やそこから見える課題と展望、さらには2050年への展望やビジネスへの影響など、カーボンニュートラルという、もうひとつの「新しい日常」の全体像について、これまでの脱炭素政策の動向も踏まえ、わかりやすく解説します。

お問合せ

【本書の構成】
第1章:カーボンニュートラルとは何か
第2章:日本におけるカーボンニュートラルの論点
第3章:2030年の現実解と2050年への展望
第4章:脱炭素経営
第5章:テクノロジーによるイノベーション
第6章:投資とファイナンスの進化

【本書の概要】
書籍名:カーボンニュートラル もうひとつの“新しい日常”への挑戦
著 者:KPMGコンサルティング プリンシパル 巽 直樹
発 行:日本経済新聞出版
発行日:2021年10月19日
ページ数:264ページ
定 価:2,200円(税込)

KPMGコンサルティングについて

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクターなどのインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。