「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」Securityアワードを受賞

KPMGコンサルティングは、日本におけるコンプライアンスビジネス拡大への貢献を評価され、Securityアワードを受賞しました。

KPMGコンサルティングは、日本におけるコンプライアンスビジネス拡大への貢献を評価され、Securityアワードを受賞しました。

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮原 正弘、以下、KPMGコンサルティング)は、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)がこのたび発表した「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」においてSecurityアワードを受賞しました。

「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」は、日本マイクロソフトがマイクロソフト パートナー ネットワークに参加する国内の企業を対象に、マイクロソフト製品を基盤とした優れたソリューションやサービスを提供したパートナー企業を表彰するプログラムです。

KPMGコンサルティングのSecurityアワードの受賞は、昨年のマイクロソフトのコンプライアンス製品リリース後にいち早く対応サービスを展開し、日本におけるコンプライアンスビジネス拡大に大きく貢献したことが評価されたものです。

今回当社は、情報・通信業界大手企業に対して、「Microsoft 365 E5 Compliance」を活用した内部からの情報漏洩対策の強化・運用効率化の取組みを実施しました。また、本ソリューションを様々なお客様へ展開するためにKPMGと日本マイクロソフト間での部門をまたいだ連携体制を確立しました。両社が共同でお客様にアプローチすることにより、内部不正対策にかかわるすべての部門にアプローチが可能となります。

この度の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」の受賞を受け、KPMGコンサルティング代表取締役社長の宮原正弘は次のように述べています。
「昨年のグローバルSIデジタルトランスフォーメーション部門での受賞に続き、今年も名誉ある賞を受賞することができ大変光栄です。KPMGコンサルティングは、サイバーセキュリティ、グローバルプライバシー管理に関する豊富なナレッジ、多数の支援実績に基づき、今後もクライアント企業の発展に貢献していきます」。

日本マイクロソフト株式会社様からのコメント

この度のKPMGコンサルティング株式会社様の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」Securityアワードの受賞を心よりお祝い申し上げます。
KPMGコンサルティング様は、リスクコンサルティングにおける深い専門性と豊富な実績をもとに Microsoft 365やMicrosoft Azureでのセキュリティ関連プロジェクトを数多く展開いただき、お客様のセキュリティの高度化や情報管理の強化に多大な貢献をされました。
今後も日本マイクロソフトは、KPMGコンサルティング株式会社様との強力な連携を通じてお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 檜山 太郎氏

KPMGコンサルティングは、セキュリティ分野において日本マイクロソフト株式会社様と連携し、両社によるクラウド移行やセキュリティ強化の支援体制を整え、企業の業務効率化・高度化を支援していきます。

※Microsoft、Azure、Microsoft 365は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Microsoft 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。

KPMGコンサルティングについて

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクター等のインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

お問合せ