フォレンジック専門家が企画・開発した「子会社分析ツール(不正検知版)」の提供開始

フォレンジック専門家が企画・開発した「子会社分析ツール(不正検知版)」の提供開始

~KPMGが提供するSaaS型プラットフォーム「Financial Data Analytics」の新ツール~

関連するコンテンツ

株式会社KPMG FAS(本社:東京都千代田区、代表:岡田 光)はこの度、顧客企業に対して、子会社の会計不正検知に特化した財務分析ツール(名称:子会社分析ツール(不正検知版))の提供を開始しました。

KPMGジャパン(本社:東京都千代田区、チェアマン:森 俊哉)では、2020年7月より、SaaS型データ分析プラットフォーム「Financial Data Analytics(フィナンシャル データ アナリティクス 以下、FDA)」を開発し、各種の財務分析ツールを顧客企業に提供してきました。今回リリースする「子会社分析ツール(不正検知版)」は、企業の不正リスク対応支援を専門に手掛けるKPMG FASのフォレンジック部門が企画・開発したツールとなります。

当ツールの開発背景

企業において発生した会計不正には、早期に発見できなかった為に長期間に渡り累積され、巨額の損失を計上することになった事例が数多く見られます。早期に発見できなかった理由として以下の課題が考えられます。

 

会計不正の発生企業における課題

(1)経理部門/子会社管理部門のモニタリングにおける課題

  • 財務分析知識に長けた担当者のリソース不足
  • 属人的な経験・勘に依存したモニタリング

(2)内部監査における課題

  • 子会社リスク評価が会社規模(売上高等)に偏重
  • データ分析を活用したリスク評価の未実施

(3)M&A・PMIにおける課題

  • 買収前DDプロセスの制約
  • 買収後のPMIにおける継続モニタリングの不足

 

今回リリースする新ツールは、日本企業におけるこれら課題の解決をサポートするために企画・開発されたものです。

新ツールはその特徴として、会計不正リスクは業界・企業ごとに異なるという実情に対応して、ユーザー企業ごとに柔軟にカスタマイズすることが可能になっています。当社のフォレンジック専門家のサポートの下で初期設定を行うことで、ユーザー企業はFDAに財務データをアップロードするだけで、フォレンジック専門家の分析アプローチを継続的にご利用頂けます。

想定されるツール利用例

経理部門/子会社管理部門

  • グループガバナンス/経理ガバナンス/子会社管理の高度化
  • 子会社/買収先モニタリングのデジタル化による高度化・効率化
  • 会計不正の早期発見・防止

 

内部監査部門

  • データ分析を活用した定量的リスク評価
  • 往査前のリスク領域の特定
     
分析ツールイメージ
分析ツールイメージ

サービス体制

不正リスク対応支援の専門家である当社のフォレンジック部門が、財務分析を始めとする様々なアドバイザリー業務に豊富な実績と知見を持つあずさ監査法人アカウンティングアドバイザリーサービス事業部、デジタルトランスフォーメーションを推進するDigital Innovation部と共同で、FDAのユーザー企業からの疑問点や相談事項にオンコールで対応します。

また、FDAの利用を通じて生じる様々なニーズに対しては、KPMGジャパン内で連携し支援します。
今後もFDAの機能拡充を図り、ユーザー企業の高度化するデータ分析ニーズに応えてまいります。

本サービスは、公認会計士法、独立性規則及び利益相反等の観点から、提供できる企業や提供できる業務の範囲等に一定の制限がかかる場合があります。詳しくは株式会社KPMG FASまでお問い合わせください。競合企業のご利用はご遠慮ください。また、弊法人の都合により、業務を提供できるお客様の範囲(個人のお客様を含む)や提供できる業務の範囲等に一定の制限がかかる場合があります。

KPMG FASについて

KPMG FASは、KPMGインターナショナルのメンバーファームであり、KPMGジャパンを形成する中核会社の一社です。企業戦略の策定、事業ポートフォリオ最適化のための事業再編やM&A、経営不振事業の再生、企業不正・不祥事対応に係るアドバイスを通じて、企業の持続的成長のための経営管理高度化や業務改善、事業のバリューアップを支援しています。また、12の主要業種のインダストリー・グループ体制により、海外を含め、業種ごとに最新動向に関する情報や知見を集約し、各専門分野のプロフェッショナルとの連携により、ワンストップで最適なソリューションを提供しています。

あずさ監査法人について

有限責任 あずさ監査法人は、全国主要都市に約6、000名の人員を擁し、監査や各種証明業務をはじめ、財務関連アドバイザリーサービス、株式上場支援などを提供しています。 金融、情報・通信・メディア、製造、官公庁など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有するとともに、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGインターナショナルのメンバーファームとして、147カ国に拡がるネットワークを通じ、グローバルな視点からクライアントを支援しています。

KPMGジャパンについて

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームに、約8,、600名の人員を擁しています。クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供しています。

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today