close
Share with your friends

「株式会社KPMG Ignition Tokyo」の設立について

「株式会社KPMG Ignition Tokyo」の設立について

KPMGジャパンは、2019年7月1日、デジタル変革やイノベーション創発の拠点である「KPMGイグニション東京」を法人化し、「株式会社KPMG Ignition Tokyo」を設立しました。

関連するコンテンツ

KPMGジャパン(本部:東京都千代田区、チェアマン:森 俊哉)は、2019年7月1日、デジタル変革やイノベーション創発の拠点である「KPMGイグニション東京」を法人化し、「株式会社KPMG Ignition Tokyo(以下、KIT)」を設立しました。KITは、KPMGジャパンの監査、税務、アドバイザリーサービスの業務に共通のデジタルプラットフォームテクノロジーを開発・構築するとともに、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援します。

新会社の代表取締役社長兼CEOには、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)で最高技術責任者(CTO)やEVPなどの要職で、初代「プレイステーション(R)」の立ち上げから「プレイステーション(R) 4」の基本アーキテクチャまで関わってきた、KPMGコンサルティング株式会社パートナーの茶谷 公之が就任します。

今後は、「セキュア・コンピューティング」や「ナレッジ・プロセッシング」の技術領域に注力していく計画です。具体的には、監査・税務・アドバイザリー業務においてKPMGジャパンが取り扱う膨大で複雑なデータをセキュア・コンピューティングにより安全な状態で管理、また契約書・社内文書・電子メールなどに記された非構造データおよび画像・動画などの非テキストデータから様々な知識を抽出することで各種サービスをより効率的かつ付加価値のあるものにすることを目指します。

人員体制は、クラウド、AI、ブロックチェーン、IoTのデジタル先端技術に長けたデータサイエンティスト、セキュリティエンジニアなどの専門家を国内外から結集し、約70名でスタートします。

プレイステーション(R)は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

代表取締役社長兼CEO

氏名(よみがな) 茶谷 公之(ちゃたに まさゆき)
主要な職歴  
2003年4月 (株)ソニー・コンピュータエンタテインメント CTO
2010年3月 ソニー(株)技術戦略部門 部門長
2014年6月 楽天(株)執行役員 兼 DU(Development Unit)戦略室
2016年8月 楽天(株)執行役員 兼 AI推進部ジェネラルマネージャー
2019年1月 KPMGコンサルティング(株) パートナー

新会社概要

社名 株式会社 KPMG Ignition Tokyo
(英文名:KPMG Ignition Tokyo, Inc.)
設立 2019年6月3日(業務開始7月1日)
本社 〒100-0004
千代田区大手町1-6-1大手町ビルヂング7階
代表取締役会長 土居 貢(兼 有限責任 あずさ監査法人 専務理事)
代表取締役社長兼CEO 茶谷 公之(KPMGコンサルティング株式会社から移籍)
取締役 デンリ・ティモシー(KPMGコンサルティング株式会社から移籍)
山田 裕行(兼 有限責任 あずさ監査法人 専務理事)
宮原 正弘(兼 KPMGコンサルティング株式会社 代表取締役社長兼CEO)
岡田 光(兼 株式会社KPMG FAS 代表取締役)
駒木根 裕一(兼 KPMG税理士法人 代表)

KPMGジャパンについて

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームによって構成されています。クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供しています。日本におけるメンバーファームは以下のとおりです。
有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社KPMG FAS、KPMGあずさサステナビリティ株式会社、KPMGヘルスケアジャパン株式会社、KPMG社会保険労務士法人、株式会社 KPMG Ignition Tokyo

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)