「KPMGグローバルHRサーベイ」日本語版を刊行 - KPMGジャパン
close
Share with your friends

「KPMGグローバルHRサーベイ」日本語版を刊行 - 人事部門の未来:先駆者か、それとも傍観者か -

「KPMGグローバルHRサーベイ」日本語版を刊行

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮原 正弘、以下:KPMGコンサルティング)は、日本を含む世界64ヵ国の企業の人事部門のリーダー(以下、HRリーダー)約1,200名を対象に実施した意識調査の結果をまとめたレポート「KPMGグローバルHRサーベイ 人事部門の未来:先駆者か、それとも傍観者か」の日本語版を刊行しました。

関連するコンテンツ

今回の調査からは、HR領域を含む様々な領域でデジタル化が進展するなか、インテリジェント・プロセス・オートメーションや人工知能(AI)に代表されるテクノロジーを活用した新たな試みに積極的に取り組む先進的なHRリーダーが多く存在する一方で、それ以上にデジタルトランスフォーメーションを推進せずに成り行きを傍観するHRリーダーが存在しており、デジタル化へのHRリーダーの対応が二極化していることが明らかになりました。

グローバル全体で約3分の2のHRリーダーが、人事部門がデジタル化への転換期を迎えていることを認識しています。一方で、「デジタル化の計画がある」との回答は、グローバル全体でも半数以下の40%にとどまり、日本のHRリーダーに限っては24%という結果になりました。グローバル全体で10人に4人のHRリーダーが「職場の文化」がデジタル変革の最大の壁であるとしています。(図表1)

図表1:「デジタル化の計画がある」と回答したHRリーダー

(単位:%)

図表1:「デジタル化の計画がある」と回答したHRリーダー

グローバル全体の
HRリーダー

日本の
HRリーダー

また、AIに関する項目では、人事部門へのAIの導入を既に進めているHRリーダーはグローバル全体で36%にとどまり、半数のHRリーダーは「今後1~2年にAIを導入するかは不透明」あるいは「AIと機械学習への戦略的な対応が整っていない」と回答しており、先進的なHRリーダーたちがAIや機械学習がもたらす効果や価値を認識し取り組みを進めるなか、多くのHRリーダーが対応できていない状況が明らかになりました。(図表2)

図表2:「人事部門へのAI導入」に関するHRリーダーの回答(グローバル全体)

(単位:%)

図表2:「人事部門へのAI導入」に関するHRリーダーの回答(グローバル全体)

人事部門への
AI導入を
進めている

今後1~2年に
AIを導入するかは
不透明

AIと機械学習への
戦略的な対応が
整っていない

グローバルの主な調査結果

  • HRリーダーの67%が「人事部門がデジタル化への転換期を迎えている」と回答する一方で、「デジタル化の計画がある」と回答するHRリーダーは40%にとどまる。
  • HRリーダーの70%が「人事部門の要員の変革の必要性がある」と回答する一方で、「自社の要員を変革する能力と人材に自信がある」とするHRリーダーは37%にとどまる。
  • HRリーダーの42%は、今後5年間にAIに対応する体制を整えることは人事部門の最大の挑戦の1つと回答。
  • HRリーダーの41%は「職場文化」がデジタル変革の最大の壁であるとし、また、35%のHRリーダーが現在の職場文化は革新的というよりも職務指向であると回答。

日本語版レポートでは、グローバル全体の調査とは別に、日本のHRリーダーの回答を基に、「人事部門に求められる『価値の提案』とそこにある課題」「EE(従業員エンゲージメント)とEVP(従業員価値提案)にみる『価値』の多様化」「変化ではなく進化する」「人事部門の未来」の4つの項目について、KPMGコンサルティング独自の視点からの考察を交えて解説しています。

日本のHRリーダーの主な調査結果

  • HRリーダーの73%が「人事部門が組織の戦略的な役割を担っている、または今後担っていく」と認識。
  • 半数のHRリーダーが、人事部門がデジタル化への転換期を迎えていることを認識。一方、「デジタル化の計画がある」との回答は24%にとどまる。
  • HRリーダーの45%が人事部門に期待される役割として「人材の惹きつけ」と回答。一方、その役割を実行するために必要な「従業員価値提案(EVP)」という考え方は浸透しておらず、「EVPが有効である」との回答は15%にとどまる。

「KPMGグローバルHRサーベイ 人事部門の未来:先駆者か、それとも傍観者か」について

本調査は、世界64ヵ国、1,201名の人事部門のリーダー層を対象に、2018年7月から8月にかけて実施しました。回答企業は、半数近くが5,000名以上の従業員を有する企業であり、うち42%は収益規模が10億米ドル以上となっています。

KPMGコンサルティングについて

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクター等のインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

RFP(提案書依頼)