close
Share with your friends

KPMGコンサルティング、eSportsアドバイザリーサービスの提供を開始

KPMGコンサルティング、eSportsアドバイザリーサービスの提供を開始

KPMGコンサルティングはこのたび、eスポーツに参入する企業や大会を運営する団体に向けた「eSportsアドバイザリーサービス」の提供を開始しました。

関連するコンテンツ

English Below

 

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮原 正弘、以下:KPMGコンサルティング)はこのたび、eスポーツに参入する企業や大会を運営する団体に向けた「eSportsアドバイザリーサービス」の提供を開始しました。

eスポーツは、コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦型のスポーツ競技のことを指し、近年、米国や韓国、中国を中心に全世界で爆発的な人気を誇り、日本でも急速に注目が高まっています。eスポーツの市規模は2018年に世界全体で約9億ドル(前年比38%増)が見込まれ、さらに2020年には14億ドル以上に拡大すると予想されています

将来のオリンピック正式種目への採用も検討される中、eスポーツが他の五輪種目と同様にスポーツとして、またビジネスとして普及・発展するためにはグローバルな視点とともに、公平性と信頼性が重要になります。また、スポーツ競技として、eスポーツのビジネスモデルの一部を成す先端テクノロジーについても、今後さらに早いスピードで高度化すると考えられます。

日本国内におけるeスポーツは、企業の参入をはじめプロプレイヤーやプロチームの発足、大会の開催など、新しいスポーツ産業として今後発展する可能性を秘めているものの、発展するうえでチームや大会運営者の透明性の確保、競技のわかりやすさ、海外の団体との連携などが十分であるとは言えません。高額な賞金や放映権などを取り扱うことで経済的に大きなビジネス機会に接する可能性が高いため、チームを運営する企業や大会を運営する団体には、公平性と信頼性が強く求められます。

KPMGコンサルティングでは、マネジメントコンサルティングとリスクコンサルティングの分野での豊富な経験と知見を有し、さらに、最先端のテクノロジーに精通したプロフェッショナルが、eスポーツに参入する企業や大会運営を行う団体に求められる「ガバナンスの構築」、「先端テクノロジーを活用したビジネスモデルの構築」、「グローバルな視点に立ったマネジメント体制の構築」などを支援します。

 

出所:Newzoo社『Global Esports Market Report 2018』

eSportsアドバイザリーサービス主要サービス

  • ガバナンス構築支援
  • 先端テクノロジーを活用したビジネスモデルの構築支援
  • グローバルな視点に立ったマネジメント体制構築支援

 

KPMGではこれまで、KPMGジャパングループの有限責任あずさ監査法人において、スポーツ関連組織を対象にスポーツアドバイザリーサービスを提供してきた経験から、スポーツ産業ならではの課題にも知見を有しており、あずさ監査法人との連携によりeスポーツの次世代スポーツ産業としての発展を支援します。

 

ガバナンス構築支援
eスポーツが今後国内でスポーツとして普及、発展する上で、関係者による資金の流用など、運営者側には組織として不正防止などのガバナンスの構築は不可欠です。既存のスポーツ関連企業や団体でのガバナンス構築における実績に加え、KPMGが持つ企業のリスクコンサルティング分野におけるガバナンス診断やフレームワークおよび方法論を活用することで、組織のガバナンス構築を支援します。

 

先端テクノロジーを活用したビジネスモデルの構築支援
eスポーツの競技で使用されるゲームタイトルの多くは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった先端テクノロジーを活用していることから、運営者には先端テクノロジーに対する知識とともに、国内での普及と発展において新たなビジネスモデルの構築が求められます。

KPMGコンサルティングでは、AI(人工知能)やMR(複合現実)などの先端テクノロジーをビジネスに活用するスキルと経験を持つプロフェッショナルが、企業の現場で磨き上げられたフレームワークをeスポーツに活用し、斬新かつ実現性の高い新しいビジネスモデルの構築と、テクノロジーの進展を踏まえた新たな競技の立案を支援します。

 

グローバルな視点に立ったマネジメント体制構築支援
eスポーツは既存のスポーツと異なり、インターネットで繋がることで日本にいながら海外の選手との対戦も可能です。さらに、観客もインターネット上で世界中の大会をいつでも、どこからでも観戦できることから、世界とつながる新しいスポーツ産業の形と言え、選手をはじめeスポーツにかかわる企業や団体はグローバルなビジネス環境に対応することが不可欠です。

KPMGコンサルティングでは、組織がグローバルな視点に立ったマネジメント体制を構築し、グローバルなビジネス環境に対応するための各種診断のフレームワークや方法論を活用し、効率的かつ早期にグローバルへの対応を支援します。

KPMGコンサルティングのeSportsアドバイザリーサービスでは、2020年までに15名体制とし、売上高5億円を目指します。

さらに、KPMGコンサルティングでは、eスポーツビジネスにかかわる将来のマネジメント人材の育成を目的とした学術機関との共同研究・調査を、2018年秋より開始します。

KPMGジャパンについて

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームによって構成されています。クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供しています。日本におけるメンバーファームは以下のとおりです。有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社KPMG FAS、KPMGあずさサステナビリティ株式会社、KPMGヘルスケアジャパン株式会社、KPMG社会保険労務士法人、株式会社 KPMG Ignition Tokyo

KPMGコンサルティングについて

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクター等のインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

KPMG Consulting started offering Esports Advisory service

KPMG Consulting Co., Ltd. (Headquarters: Chiyoda-ku, Tokyo; President: Masahiro Miyahara; hereinafter “KPMG Consulting”) has begun offering an esports advisory service for companies seeking to enter the esports market and organizations looking to operate esports competitions. 

“Esports” refers to competitive video gaming matches and recently the worldwide popularity of esports has increased drastically, especially in countries like the United States, South Korea, and China. It has been gaining rapid recognition here in Japan as well. The global esports market is projected to be worth approximately 900 million USD in 2018 (38% increase from the previous year), and it is expected to grow to 1.4 billion USD in 2020*. 

As esports is being considered as an official medaled sports at future Olympic events, fairness and credibility will become crucial as well as the global standpoint to promote and develop esports in hands with other Olympic events. In addition, advanced technology, which serves as an important enabler of the esports business model, will also be progressing at a faster pace in the future.

Esports in Japan has the potential to develop as a new sports industry, including the entry of new enterprises, the formation of professional players and teams, and the holding of tournaments. In order to successfully maintain a sustainable esports business, however, it takes more than to ensure the transparency of teams and tournament managers, to understand the competition, and to cooperate with foreign organizations. Companies and organizations that operate team business, for instance, must maintain their fairness and credibility because handling expensive prizes and broadcasting rights is likely to have great economic impacts to the esports stakeholders involved.

Utilizing the extensive professional experience and knowledge in the field of management and risk consulting, KPMG Consulting provides specialized advisory service towards enterprises interested in entering the esports market to support the development of governance, the creation of a business model utilizing advanced technology, and the design of a management system from a global point of view.

 

*Source: Newzoo, Global Esports Market Report 2018

Esports Advisory Service Main Offerings

  • Corporate governance development support
  • Advanced technology-based business model formulation support
  • Globally-structured talent management design support

 

KPMG Japan has developed a deep understanding of the challenges present in the sports industry through its years of experience in providing advisory services to multiple sports organizations through KPMG Japan’s auditing firm KPMG AZSA LLC. By partnering with KPMG AZSA LLC, KMPG Consulting applies this expertise to facilitate the development of the budding eSports market. 

 

Corporate governance development support
As Japanese esports evolves and gains acceptance, it is vital that organizers implement governance structures that prevent fraudulent organizational activity, such as the improper appropriation of capital by relevant parties. In addition to drawing from our experience in developing governance structures for existing sports organizations, KPMG offers extensive governance support utilizing governance examinations, frameworks, and methodologies of KPMG’s risk consulting service.

 

Advanced technology-based business model formulation support
Esports matches are played using a wide variety of titles, including those that utilize advanced VR (virtual reality) and AR (augmented reality) technologies. It is necessary for organizers to understand these underlying technologies. Additionally, as the Japanese esports market grows, new business models will be needed to match that growth.
KPMG’s professionals have the experience and skillsets needed to apply cutting-edge technologies such as AI (artificial intelligence) and MR (mixed reality) to existing business frameworks. Using these improved frameworks for esports can assist the creation of both novel and practical business models in addition to groundbreaking novel competition formats.

 

Globally-structured talent management design support
Esports differs from conventional sports in that matches are played online, making it possible for professional esports athletes to remain in Japan while competing internationally. Furthermore, spectators can watch esports matches over the internet, enabling access to competitions at any time from any location. This globally-interconnected new structure of esports requires both professional players and participating organizations to adapt to the international business environment.
KPMG Consulting supports to design a globally-minded management structure that employs the necessary examination frameworks and methodologies to help client organizations to rapidly and efficiently adapt to the global environment.

KPMG Consulting will increase the number of people who engage in its esports advisory service to 15 by 2020 and aims to achieve 500 million JPY in sales.

Additionally, KPMG Consulting will start a joint research initiative alongside educational institutions with the goal of developing the next generation of management talent in the autumn of 2018. 

About KPMG Japan

KPMG Japan represents a group of eight KPMG member firms, providing Audit, Tax and Advisory services in Japan.
We are committed to providing high-quality and value-added services to meet our clients’ complex management needs through the seamless collaboration and enhancement of our professionals'expertise and knowledge as well as our global KPMG network.

About KPMG Consulting

KPMG Consulting, a member firm of KPMG International Cooperative, is a consulting firm that provides services in three areas: business transformation, technology, and risk and compliance. Consultants well-experienced in strategy, BPR, HR/organization, PMO, outsourcing, governance/risk/compliance, and IT provide extensive services to financial, insurance, manufacturing, automobile, pharmaceutical, health care, energy, telecommunications, media, service, and public sector industries.

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)