第二の柱(Pillar 2)

第二の柱(Pillar2)とは、多国籍企業グループの軽課税国への利益移転を抑制し、また、各国における法人税率の過度な引き下げ競争を終焉させるべく、世界共通の最低税率を導入して、多国籍企業がどこの国または地域で経済活動行ったとしても最低限の租税負担を負うことになるような制度設計を導入する取組みである。

第二の柱(Pillar2)とは、世界共通の最低税率を導入して、多国籍企業がどこの国または地域で経済活動行ったとしても最低限の租税負担を負うことになるような制度設計を導入する取組み

第二の柱(Pillar2)については、2020年10月にブループリントが公表され、2021年12月にGloBEモデルルール(Global Anti-Base Erosion Rule)、2022年3月にはGloBEモデルルールのコメンタリーが公表された。

各国が国内法で措置するGloBEルールと、租税条約の改訂により導入されるSTTR(租税条約の特典否認ルール)から構成され、GloBEルールはさらにIIR(所得合算ルール)とUTPR(軽課税支払ルール)から構成される。

お問合せ