私たちは今、大きな変化と先行き不透明な時代に直面しています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックはありとあらゆる業界に長期的な影響をもたらすでしょう。
各企業は、新しい現実(ニューリアリティ)の中で発展していくためには組織改革が必要であると理解はしているものの、何から始めればよいか、どう取り組めばよいか、わかりかねています。

KPMGは未来に目を向け、企業とともに各業界、ビジネス機能、グローバル市場、デジタルがどう変わっていくのかを見極め、対応を進めていくためのインサイト(洞察)、ツール、ソリューションを蓄積してきました。
先行きは不透明かつ不明瞭であるものの、組織が持続的な成長と成功を実現するための最適な形があることが明らかになり、それがどのようなものであるかがわかってきています。
私たちは、これまでとはまったく異なる未来が待ち受けていることを知っています。だからこそ、今すぐ未来の創造に着手する必要があるのです。

ビジネスの力を結集して未来を掴む

KPMGは、つながり(Connected)、エンパワーメント(Powered)、信頼(Trusted)という考え方を最適な方法で組み合わすことができれば、ビジネスに与える効果が高まると考えます。

Connected.
顧客を中心にビジネスを再構築し、人とデータ、テクノロジーのかかわりを通じて生産性と価値創造が高まるボーダーレス組織を作る。

Powered.
最新のテクノロジー、優れたビジネスプラクティス、検証済みのソリューションを利用し、よりスマートな方法かつ短期間で、機敏で拡張性に優れたビジネスを築き、適切なオペレーションモデルを構築する。

Trusted.
トランスフォーメーションジャーニーにおいてリスクと規制を見据えたバランスの取れたアプローチを組み込み、ステークホルダーの信頼を確保することで、責任ある成長、大胆なイノベーション、高いパフォーマンスを実現する。

企業の明日を創る図表

Connected.

点をつないで、効果を上げる

今日の顧客はかつてないほど多くの情報を持っており、要求も厳しくなっています。市場の変化も早く、ディスラプションが継続的に起きており、新興企業も台頭しています。そのような中、デジタルの世界において持続的な成長を実現するには、顧客中心主義の新たな秩序、すなわち「すべての機能部門横断でプロセスの統一を図り、テクノロジー、従業員、外部パートナーが連携し、効果的かつ利益の出る方法で顧客の希望を満たすこと」が必要です。
未来は、サイロを壊し、つながることができるかどうかにかかっています。ニューリアリティにおいては、すべての要素が意図されたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の実現に注力されており、無駄なものはなく、新しい価値の源が顕在化します。深いインサイトに基づく意思決定が破壊的なイノベーションを形成します。テクノロジーの進化により顧客と従業員の体験が一体化し、人間の判断、機械学習、感情といったものが自動化と組み合わさるのです。そして、すべての投資は、利益を得ながら適切なカスタマーエクスペリエンスを提供できるような形で行われます。
コネクテッドシンキングで肝心なのは共通の利益です。顧客、同僚、そしてより広範なエコシステムを形成するステークホルダー、パートナー、コミュニティの全員が価値創造の好循環による恩恵を受けることが重要です。

Powered.

ビジネスに力を与え、価値を高める

誰もが機動的かつ効果的で、未来の環境に対応可能な組織を構築したいと望んでいます。継ぎはぎだらけで古くなった従来の組織を刷新し、ビジネス機能の変革を加速化するにはどうすればよいでしょうか。これはビジネスリーダーにとって大きな問題です。96%の企業が変革に取り組んでいる一方で、自社が新しいオペレーティングモデルを構築し運用するのは難しいだろうと考えている企業幹部は83%に上ります
クラウドコンピューティングを活用して障壁を壊し、機動性を高め、パフォーマンスと効率を大幅に改善する、というのがその答えです。これは、レガシーシステムを他社のサーバー上に再構築するということではありません。クラウドは、予測分析や人工知能、機械学習など飛躍的進歩をもたらす他の技術を支える基盤となるものであり、デジタルオペレーティングモデルへの移行を実現します。

より機動的に、レジリエンス経営へ:KPMGグローバルCEO調査2019

Trusted.

信頼を勝ち取り、自信をもって成長する

すべてのステークホルダーの信頼を勝ち取りその信頼に値する企業であるためには、責任ある成長、自信に満ちた意思決定、大胆なイノベーション、パフォーマンス効率における持続的な進歩をもたらす強固なプラットフォームを構築しなければなりません。
企業は今、脅威が拡大し複雑に作用し合う不安定な環境に置かれています。悪事がさらなる悪事を招くことは避けられないのがデジタルの特性であり、リーダーたちはいつ自社が狙われるかわからないという不安を抱えています。CEOらが対応を講じるべきと考える3大要素は、持続可能性、デジタル、信頼です。
ビジネスに限らず、顧客や従業員、規制当局、アクティビスト投資家に至るまで、組織にかかわる誰もが個々の脅威にさらされています。つまり、こうしたステークホルダー全員の信頼を勝ち取る企業(そして、その信頼に値し続ける企業)には、成功する機会が与えられているのです。これはTrusted(信頼の獲得)を必要不可欠なものと捉え、デジタル時代のリスクと規制に対する新しいダイナミックなアプローチを定義する考え方です。

本レポートの全文はPDFよりご覧いただけます。

目次

企業の明日を創る
ビジネスの力を結集して未来を掴む
点をつないで、効果を上げる
ビジネスに力を与え、価値を高める
信頼を勝ち取り、自信を持って成長する
KPMGをパートナーとする5つの理由
サービス事例
大小さまざまなニーズに対応
深い洞察力が可能にするオーダーメイドのソリューション
世界に光を灯す
私たちを待ち受ける未来

お問合せ