メキシコ:為替リスク対策について

メキシコ:為替リスク対策について

COVID-19の感染拡大が始まった2020年3月以降、ドル高ペソ安の状況が続いており、外貨建借入金等から多額の為替差損が発生しています。本ニューズレターにおいては、当該為替リスク管理に取り組むにあたって為替リスクを少しでも緩和するための施策について解説いたします。

関連するコンテンツ

COVID-19の影響が本格的に拡大した2020年3月以降、ドル高ペソ安の状況が続いており、その結果、外貨建借入金等から多額の為替差損が発生し、操業停止の影響に加えてメキシコ企業の業績に大きな影響を与えているケースが散見されます。このようにメキシコ企業にとって為替リスクは重要な財務リスクの1つと考えられることから、為替リスクを管理することは重要な経営課題と想定されます。本ニューズレターにおいては、当該為替リスク管理に取り組むにあたって為替リスクを少しでも緩和するための施策について解説いたします。

目次

  1. 為替差損益の税務上の取扱い
  2. 為替リスク管理のステップ
  3. 一般的な為替リスクへの対応方法
  4. 月次予定納税における対策

本ニューズレターは以下よりPDFにてダウンロードいただけます。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today