コロナ禍後のデューデリジェンスの差別化

コロナ禍後のデューデリジェンスの差別化

不確実な市場環境下、先進的デューデリジェンスがいかに大きな投資リターンをもたらすか。

関連するコンテンツ

コロナ禍からの回復がどのように進むか、あるいは、景気後退がどの程度長期化、深刻化していくかを判断することは困難です。確実にわかっていることは、M&Aは再度活発化するであろうことであり、前回の景気後退を基準に判断する場合、大手PEファンドには多額の投資リターンを得るチャンスが訪れることになります。しかし、このような不確実な情勢に対応するためには、革新的かつ徹底的なデューデリジェンスが必要とされます。本資料においては、コロナ禍後の環境に合わせデューデリジェンスを差別化するための6つの差別化要因をご紹介します。

目次

I.はじめに

II.過去に学ぶ

III.さまざまな兆候を見落とさない

IV.コロナ禍収束後の市場においてデューデリジェンスの差別化により成功を収める6つの方法

  1. リアルタイムのマーケット情報
  2. 対象会社の詳細分析:財務諸表のみでなく、取引レベルデータを活用
  3. ダイナミックな財務シナリオ
  4. オペレーティングモデルの整備状況
  5. デジタル機能の整備状況
  6. 価値創出のためのロードマップ

V.成功に向けた準備

VI.KPMGの支援

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today