インパクトの計測と報告

ESGへの取組みを企業価値評価に正しく反映するためには、投資家に対して、その内容を定性・定量の両観点から報告することが求められています。

定性面ではESG戦略を事業戦略に統合してストーリー性をもって提示すると同時に、定量面では財務情報と非財務情報を関連付けて提示することが必要です。また、社会的インパクトについて定量的に示していくことも重要性が増しています。

クライアントの課題

  • 統合報告書の作成
  • TCFDに則った気候変動シナリオの分析と開示
  • 社会的インパクトの計量化
  • 報告書に対する保証

お問合せ