ESG戦略

レジリエントな経営を実現するためには、自社を取り巻くESG課題を特定し、その課題解決に向けた取組みを経営戦略として推進していく必要があります。

そのためにはESGの機会・リスクをそれぞれ特定するとともに、特定した機会・リスクが自社の事業ポートフォリオにどう影響するか、評価を行うことが重要です。その上で投資領域を定め、サステナブルな新しいビジネスモデルへの転換といった戦略的な取り組みが必要となります。

クライアントの課題:

  • 中期経営計画や事業計画におけるESGファクターの組込み
  • ESGの観点からみたビジネスモデルの再構築や事業ポートフォリオの評価
  • ESGに関する取組みの定量化(KPI)と経営管理プロセスへの組込み

ESGリスクマネジメント

ESGに関するリスクは企業のバリューチェーンのいたるところに存在しています。ESGリスクを特定し適切に対処していくことは、経営リスクの低減につながり、企業価値の持続性を高めます。

人権、紛争鉱物、賄賂といったサプライチェーンにおけるリスクやグループ会社や子会社に内在するリスクをESGの各視点から特定、対処していく体制構築が不可欠です。その実効性を高めるための取締役会におけるESGリスク管理のあり方も問われています。

クライアントの課題:

  • サプライチェーンにおけるESGリスクの評価と対応(気候変動・人権・責任ある鉱物調達等)
  • ESG関連規制のモニタリングと対応
  • グループガバナンス・子会社のモニタリングの強化
  • 取締役会の実効性の評価と確保
     

お問合せ