責任ある投資・バンキング

持続可能な社会を実現するためには、投資する側・クレジットを供与する側にも投資や与信判断においてESG視点を盛り込むことが求められます。

クライアントの課題:

  • PRI(国連責任投資原則)等の国際的な枠組みやスチュワードシップ・コード等への対応と体制構築
  • PRB(国連責任銀行原則)やエクエーター原則等への対応と体制構築

責任あるコーポレートファイナンス

持続的な成長に向けた資金を確保するのにあたり、企業はよりESGを意識したファイナンスを行うことが求められます。ESG課題の対応への欠如は投資家からのダイベストメントにも直結する可能性が高まっており、ESG投資家を意識したファイナンス戦略が重要です。

クライアントの課題:

  • ESG格付向上・ESG指数組みれに向けた体制整備・情報開示
  • グリーンボンド・サステナブルボンドの活用

お問合せ