FASB - 転換可能金融商品及び自己の株式に関する契約の会計処理を簡略化するASU第2020 - 06号を公表 (英語)(米国基準)

FASB - 転換可能金融商品及び自己の株式に関する契約の会計処理を簡略化するASU第2020 - 06号を公

Defining Issues 20-08 -FASB が2020年8月5日に、転換可能金融商品の会計モデルの数を減らす、及びより多くの自己の株式に関する契約を資本の分類に適格とすることができるASU第2020 - 06号「負債 - 転換権その他のオプション付き負債(サブトピック470-20)及びデリバティブ及びヘッジ会計 - 自己の株式に係る契約(サブトピック815-40) - 転換可能金融商品及び自己の株式に関する契約の会計処理」を公表したことについて記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB amends convertible debt & contracts in own equity」を公表しました。

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today