気候変動リスク

ESGのうち、気候変動は最も差し迫ったリスクとして地球規模での対応が求められています。特に気候変動リスクが高い企業においては、脱炭素に向けた戦略的な取り組みを加速し、事業ポートフォリオを再構築することが求められています。そのためには効率的かつ高精度なGHGの排出量の算定やシナリオの評価、脱炭素戦略の推進が必要です。

クライアントの課題

  • 脱炭素化に向けたシナリオ分析(TCFD)、事業ポートフォリオの評価
  • カーボントラッキングにおけるデジタル技術の活用
  • 脱炭素化戦略の推進(石炭火力のダイベスト/コーポレートPPAの対応/グリーン電力調達の活用)
  • インターナルカーボンプライシングの仕組み構築
  • 再生エネルギーの活用と評価
  • 気候変動リスクを考慮したリスク管理体制の構築

お問合せ