中国:2020年度 指名委員会アジェンダ

中国:2020年度 指名委員会アジェンダ

2020年度の指名委員会アジェンダは、明確かつ焦点を絞り、決意をもって実行される必要があります。本稿では、指名委員会が2020年度のアジェンダとして検討し、実行する際に念頭に置いておくべき7つの項目について解説しています。

関連するコンテンツ

2020年度の指名委員会アジェンダは、明確かつ焦点を絞り、決意をもって実行される必要があります。

同委員会は、環境、社会的な問題、地政学上の不安定さや経済的な不確実性を背景に難色を示す株主、従業員、その他の利害関係者による活動に対処する必要性の高まりと同時に、新型コロナウイルス危機、技術的およびデジタルイノベーション、サイバーセキュリティリスク、企業文化に対する吟味などで成り立つジネス環境の中で運営されています。

取締役会に対する要望はかつてないほど高まり、次の1年で指名委員会は、取締役会の構成、構造、運営を最適化することで取締役代表をしっかりサポートするという重圧の下に置かれることになるでしょう。

指名委員会メンバー、取締役会メンバー、会社秘書役員、各部門長との交流から得た知見に基づくと、指名委員会が2020年度のアジェンダとして検討し、実行する際に念頭に置いておくべき項目は以下の7つです。

  • 戦略に合わせて人材を調整し、委員会メンバーおよび代表取締役に関する継承プランを策定する
  • ダイバーシティ(多様性)を通じて向上する
  • 委員会の検討事項に再度着目する
  • 厳格な検証を実施し、取締役会および各取締役のパフォーマンスの継続的な向上を推進する
  • 従来の考え方に挑戦する
  • 投資家への透明性を高める
  • 新任取締役向け研修、および重任取締役向け教育に対するアプローチを更新する

詳細につきましては、下記PDFをご参照ください。

英語コンテンツ(原文)

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today