ベトナム:移転価格及び利息費用の損金算入限度額に関する変更点

ベトナム:移転価格及び利息費用の損金算入限度額に関する変更点

ベトナムニューズレター - 2020年6月2日、財政省は移転価格に関するDecreeのドラフト及び利息費用の損金算入限度額に関するDecree68のドラフトを公表しました。

関連するコンテンツ

財政省は移転価格及び利息費用の損金算入限度額に関するDecreeのドラフトを公表しました。その後、Decree20/2017/ND-CPの利息費用の損金算入限度額に関する規定を修正するDecree68/2020/ND-CPが公表され、2020年6月24日より有効になりました。
このうち、当該ドラフトにて明記された重要な変更点について取りまとめました。

ポイント

  • 支払利息の損金算入限度額がEBITDAの20%から30%に引き上げられるものの、第三者からの借入利息が制限対象か否かの明確な文言はない。
  • 経済分析(ベンチマーク分析)の許容レンジが第1四分位~第3四分位(25%~75%)から第35百分位~第75百分位(35%~75%)に引き上げられる。
  • 日本の最終親会社が国別報告書の作成・提出義務を負っていない場合にも、ベトナム法人に1年以内の提出義務があることが明記されている。


詳細は、下記よりダウンロードください。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today